トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

有茎草の差し戻し

先日、30cm石組み水槽のレイアウトを変更しようとして有茎草を抜きました。

下の写真はその途中の様子。

ロタラ・インディカがトリミングを繰り返して下葉が無くなってしまっています。

ちなみに茎の途中の黒い点はトリミングの後です。


2253


このまま先端を詰めていってもまだ数回大丈夫そうですが、このままトリミングを繰り返せばいずれは茎だけになってしまいます。

有茎草は茎からでも新芽を吹くので大丈夫と言えば大丈夫なのですが、私は茎だけの姿がイマイチ好きではないのと草勢が弱いので差し戻しをします。

差し戻しの方法はいたって簡単です。

トリミングした草を植えなおすだけです。

なお、差し戻すときは3~5本ぐらいをまとめて、葉っぱのついた部分まで植えるようにすると葉っぱが底床に引っ掛かって抜けにくくてグッドです。

植える草の長さも奥は長くして、手前は短くしてなるべくラインを揃える様にしておきましょう。

植え直す時は以前と同じように戻してもいいですし、数種類ある場合は配置を変えたりするのもよいかなと。

ちなみにランダムに数種類を植えるとADAの侘び草みたいな感じになります。

1年ほど前のレイアウトですが、こんな感じ。


2254


このようにランダムに植えるのもそれはそれでいいかな。

ただ、伸びるスピードがそれぞれ違うので、そこは微調整が必要です。


有茎草は差し戻しをすることで長期維持が可能になります。

それと、トリミングラインと密度を見ればどのくらい手間隙が掛かっているのか分かります。

有茎草は時間の経過が表現しづらいと言われていますが、私はそうではないと思います。


話は脱線しましたが、結局この水槽はリニューアルの予定なので抜いた有茎草は差し戻しはしません。

これは現在の水槽の状況。


2255


有茎草が無くなった事で随分スッキリとしてしまいました。

ここに盛り土をしてグロッソやらヘアーグラスを植えておいてもそれはそれで良さそうですが、とりあえず40cm水槽の奥でいじけてたクリプトコリネ・ルーケンスを植えておきました。

グロッソを全部撤去してコブラグラスでも植えようかと思ったのですが、量がないのでどうも無理そう。

一度頭の中を白紙に戻して考え直した方が良さそうです。

それと、魚はリニューアルした40cm水槽の方に移しました。

新しいレイアウトになった40cm水槽は近々記事にしますでの、お楽しみに。
関連記事
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017年7月からFC2公式ブログとして活動させていただいております。

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


IAPLC2017

Twitter

Web page translation

メールフォーム

このブログの感想、何か気になることや分からない事、見て欲しい物やアドバイスが欲しいなど御座いましたら、こちらから送って下さい。
ブログで採用された方には何か素敵な物を贈らせて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。

タグと検索


私のオススメ

私の作品が掲載されている本です。