トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

キューバパールグラスの植え方

小さな草体で人気の前景草、キューバパールグラス。
キューバパールグラスが密生した姿はとても美しいです。

下の写真は私が2006年の8月に作成したキューバパールグラスをメインとしたレイアウト。

1890

これは完成形ではありませんが、自分の中ではとても印象が強い作品であります。

今作成中の60cmスリム水槽も、このキューバパールグラスをメインとしたレイアウトになっています。

そんなキューバパールグラスですが、小さいがゆえに中々上手く植えられないという事をよく耳にします。

今回は私なりの基本的な植え方を紹介します。

人それぞれ自分のやりやすいやり方があると思いますので、参考程度に読み流して下さい。
私は前景草を植える時、左隅から右へ順に植えるようにしています。

写真ではピンセットの動きを見ていただきたいために、撮った写真を左右を逆にして掲載しています。
右から植えているように見えますが、左から植えています。
カメラを右手で持ち、ピンセットを左手で使って撮影したためです。
横着してしまって、ゴメンナサイ。

まず、写真のように根の先端を持ちます。
しっかり持たないと抜けてしまうので、根が切れない程度にしっかり持ちましょう。

根が短い場合や根が無い場合などは草体の下部を持ちましょう。

1885

そのまま下の写真の矢印のようにピンセットを動かします。

点線はソイルの中でのピンセットの先端の動きです。

1886

ソイルの中で斜め下に動かすようにしてキューバパールグラスを植えていきます。
草体はなるべく深く先端が少し出るぐらいに植えましょう。

ピンセットの位置と草の位置を見ていただければ根がどのようになっているのかお分かりいただけると思います。

4671
抜く時はピンセットの力を緩めて、そのまま上にそっと抜きます。

4681

しっかりと植わっていれば簡単には抜けません。
写真のように少し間隔をあけながら植えていきます。
しっかりと植えてあればミナミヌマエビには殆ど抜かれません。
少しぐらい抜かれても他が伸びればすぐにカバーできる量ですので心配無用。

1889

ここからちょっとコツなどを。

草体が短い場合は一度ソイルに埋没させてしまい、先端の葉が見える程度に引っ張り出してあげると抜けにくくてよいです。

ちぎれてしまったりして、根が無い事がありますが、そのまま植えても大丈夫です。

大きなかたまりで植えるとしっかりと根がソイルにホールドされず、エビなどがツマツマした時に抜けやすいので、なるべく小分けにしてエビがツマツマしても抜け難いように植えましょう。

キューバパールグラスは草体が小さいので、慣れないうちは短いピンセットを使った方が上手に植えられる事があります。

一度植えたら、根付くまでなるべくいじらないようにしましょう。

大磯や化粧砂でも育てられますが、初心者は水草専用のソイルを使いましょう。

水の硬度が高い方が育てやすいそうです。(私はそれほど気になりません)

CO2の添加、十分な照明を用意してあげればすぐに横に這い出すはずです。

横に伸びられないと上に伸びる習性がありますので、なるべく写真のように横に伸びられるように細かく植えてあげるのが短期間で仕上げるコツです。


このキューバパールグラスは一度根付けばそれほど手間がかからない水草です。

いかに根付かせるかというのがポイントです。

これからキューバパールグラスをやってみようと思う方は、エビや貝などにいじられても抜けないようにする事を意識して植えられると良いと思います。

キューバパールグラスの絨毯はとても綺麗ですので、是非一度挑戦して欲しいと思います。

ちなみに、タグの”気泡”をクリックしていただくとキューバパールグラスに付いた気泡が沢山出てきます。
お時間ありましたら是非どうぞ。
関連記事
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017年7月からFC2公式ブログとして活動させていただいております。

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


IAPLC2017

Twitter

Web page translation

メールフォーム

このブログの感想、何か気になることや分からない事、見て欲しい物やアドバイスが欲しいなど御座いましたら、こちらから送って下さい。
ブログで採用された方には何か素敵な物を贈らせて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。

タグと検索


私のオススメ

私の作品が掲載されている本です。