トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

自作でスッキリ

ちょっと前の記事(10月4日)で過去に自作したシステムの写真を載せました。
その時に自作したアイテムがこの二つ。

1752

CO2直添機とCO2カウンターです。

CO2の直添機はパイプの間に設置してCO2を添加するものです。
パイプ径にあったTジョイントに逆流防止弁の先にチューブ+割り箸を付けた物をビニールパイプで接続しています。
ビニールパイプは少し小さい物を熱湯で柔らかくし伸ばしながら被せます。
簡単にできる物ですが、面倒だと思ったら買った方がいいと思います。

CO2カウンターはパイプの元に逆流防止弁を付けて水が逆流しないようにしています。
先端はエアチューブのジョイントを加工して取り付けてました。
ただ、久々に出したら接合がボロになっていたせいか、CO2が漏れてしまったので、急遽間に合わせでパイプの先端を切り落とし、逆流防止弁を付けて対処しました。

設置した姿がこのような形になります。

1753

CO2は発酵式です。
(発酵式とは、砂糖水(450ml程)+重曹2g程+イースト菌1g程を混ぜて発酵させることでCO2を発生させ水槽内に添加する方法です。)
まず最初にボトルからカウンターに行きます。
CO2カウンターは発酵式の場合、添加量を見るよりも、CO2が出ているかどうかが確認が出来ればよいと思います。
カウンターから出水パイプに繋がれたCO2直添機へ行き、出水パイプの流れに乗って水槽内に添加されます。
大きくて力のある濾過槽なら吸水パイプでもよいのですが、あまり力のない濾過槽の場合、吸水パイプに吸わせると濾過槽内に溜まってCO2が上手く溶けない恐れがあるので、この環境では出水パイプに繋いでいます。

CO2の添加器具が水槽の中から出たので、水槽内が更にスッキリしました。
明日は伸びすぎた水草のトリミングです。
関連記事

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017年7月からFC2公式ブログとして活動させていただいております。

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

キャンペーン

現在開催中のキャンペーンです。
締め切りは8月31日まで。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


IAPLC2017

Web page translation

メールフォーム

何か気になることや分からない事、見て欲しい物やアドバイスが欲しいなど御座いましたら、こちらから送って下さい。
ブログで採用された方には何か素敵な物を贈らせて頂きます。

名 前:
メール:
件 名:
本 文:

画像はアップロードしたファイルのURLを貼って下さい。

ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。

タグと検索


私のオススメ

私の作品が掲載されている本です。