FC2ブログ
トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

メリット&デメリット

昨日の出来事ですが、スリム水槽で使っていたアクシーイオン600iが壊れてしまいました(涙)
水没させたとかそういうのではなく、急に点かなくなってしまったのです。
蛍光灯は変えてまだそれほど経っていないので、多分インバータに原因があるのだろうと思い、ネジをはずして開けてみましたが、機械に疎い私にはどうすることも出来ず、ただ複雑な基盤を見て驚いただけでした。

106

このアクシーイオンはアームで水槽に設置する照明で、専用のPL管55Wを使うので維持費が高く付いてしまうのがネックです。
ですが、そのネックを上回る明るさ、日常のメンテのしやすさを自分はとても重宝していました。
もう使い始めてから2年経っていて、もちろん保障期間はとっくに過ぎていて、自費で修理に出さなければなりません。
アクアシステムのHPで調べてみたら送料はこちら持ちで、部品代の4500円を負担、修理費は無料との事でした。
ですが、この出費は現在の自分には厳しく、修理に出すのは断念…。
がっかりと肩を落としたのでした(ー_ー;)
急に水槽の照明が無くなってしまい、どうしようか…と途方にくれる私でしたが、ふと思い出しました。
「そうだ、アレがあったんだ」
以前参加した、某大手通販会社のコンテストで入賞して頂いた物です。
頂いた時は使う水槽が無かったので、開けることなくそのままお蔵入りになっていました。
いつか新しい水槽を立ち上げた時に使わせていただこうと思っていたので、こんな形で開ける事になるとは思っていませんでした。
アレとは、写真を見れば一目瞭然ですが、

112

『テクニカ インバータライト60』です。
今までの照明とは違い、蛍光灯1本に付き1枚のインバータ回路を使うことで今までの照明の1,5~2倍の明るさを実現したライトです。
工夫はそれだけではなく、蛍光灯にも秘密があります。

107

従来の蛍光灯はガラスの筒でしたが、このテクニカの蛍光灯は半分内側に反射膜が付いていて、光を反射しやすくなっているのです。
内側の反射板もアルミで出来ていて高い反射率を実現しています。

ボディにもスリットが沢山あり、熱放射もしやすくなっています。
本体も特別熱くなるわけでもなく、扱いやすい仕様になっています。

108

ただ、内蓋がないので、自分的にはそこが残念だな~と。
上に乗せてみましたが、水槽の上を塞がれてしまったのが自分的に辛いわけで。
今までのアクシーはアーム式で常にオープンアクアだったので、メンテの時に照明を気にせずに常に明るい状態でいじる事ができて細かい部分までいじれたのでとてもよかったです。

109

今回のテクニカは上に乗せるタイプで内蓋がないので、普段からガラス蓋は必須です。
メンテの時には、水槽の上で動かす時に置く場所や角度を間違えると、蛍光灯自体に水槽の縁がぶつかってしまって危ないです。
それと、動かす事で、暗くなってしまう場所もあるわけで掃除はしにくいです。
大きな水槽なら問題はないのかもしれませんが、このスリム水槽のような水槽の場合はちょっと取り回しにくいかなと。

でもやはり明るさは書いてあるとおり、とても明るいです。
18W2灯とは思えない明るさです。
この照明が明るすぎるせいか、他の水槽が暗く見えてしまうということも。
水草の光合成も活発で、グリーンロタラもこのように沢山の気泡をつけていました。

110

キューバパールグラスも沢山の気泡を付けてとても綺麗な草姿を見せてくれました。
これだけ明るければ水草の成長はとても良くなるでしょうね。
あまり早く育たれても困るので、CO2のスピードを少し押さえ気味にしておきました。

111

自分的には、明るさを手に入れた代わりに、メンテの容易さを失ったわけで、いかに楽にメンテをするかという事を考えていた私的にはちょっと使いづらいかな~と。
ただ、家族には好評で、今まであったアームが無くなって見た目スッキリでこっちの方がイイ!!と言われて複雑な心境です。
やる人と見る人の価値観の違いでしょうね。
まぁ、慣れてしまえば気にならなくなる問題だと思うので、習うより慣れろの精神でいく事にします。
関連記事
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017年7月からFC2公式ブログとして活動させていただいております。

インターネットを使ってのアクアリウムの活動は2005年からしております。

最近は水槽のレイアウト制作・メンテナンスのお仕事もさせていただいております。

2018年10月からユーチューバとしても活動しています。チャンネル名『FOX WORKS』

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

タグと検索


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter

Web page translation

メールフォーム

このブログの感想、何か気になることや分からない事、見て欲しい物やアドバイスが欲しいなど御座いましたら、こちらから送って下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。