FC2ブログ
トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

アピストグラマの水槽を立ち上げた。中編

アピストグラマの水槽を立ち上げた話の後編。

立ち上げから4週間ぐらい経過した頃、驚きの景色が私の目に飛び込んできました。

メスの周りにちょろちょろと動き回る白い生き物。

18112405

アピストグラマの稚魚です。

普通は卵を生んで、孵って、しばらくは動かずにいて、しばらくしたら動き出します。

私が知らないうちに産卵し、孵っていたのです。

孵ったのはとても嬉しい事ですが、問題はこの稚魚たちの餌です。

小さい稚魚が食べるエサを用意しないと死んでしまいます。

幸いエサは以前アピストグラマを飼育していた時に買った物が残っていました。

ブラインシュリンプというエサです。

19022506

この製品は正確にはブラインシュリンプの卵が入っています。

この卵を孵してブラインシュリンプの幼生を与えます。

孵す方法ですが、塩水の中に卵を入れて、エアレーションをしながら24時間ほど経過すると孵ります。

そのためにペットボトルを利用してこのブラインシュリンプを孵化させる装置を作りました。

大急ぎだったので、簡単に作成してあります。

19030602

ペットボトルの底を切り、蓋に穴を開けてチューブを通して接着剤で固定し、その先に水を回すためのエアストーンを付けます。

その中に2%ほどの塩水を作って入れます。

あまり綺麗な写真じゃなくて申し訳ないのですが、このペットボトルを吊るしてエアレーションをして卵を孵します。

水槽の中に入れているのは、今時期寒いため塩水の水温が下がらないようにするためです。

19022507

入れたては左の様に透明なのですが、卵が孵ると右の様になります。

この中に1ミリ以下のミジンコの様なブラインシュリンプが沢山泳いでいます。

これを濾紙で越して水で濯ぎ、スポイトで稚魚たちに与えます。

19022508

食べるとこの様にお腹がオレンジ色になります。

ちなみに写真に写っている白い点がブラインシュリンプです。

ブラインシュリンプの小ささが良く分かると思います。

19022509

沢山の稚魚がこのブラインシュリンプを食べて大きくなるのでした。

つづく。

関連記事
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017年7月からFC2公式ブログとして活動させていただいております。

インターネットを使ってのアクアリウムの活動は2005年からしております。

最近は水槽のレイアウト制作・メンテナンスのお仕事もさせていただいております。

2018年10月からユーチューバとしても活動しています。チャンネル名『FOX WORKS』

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

タグと検索


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter

Web page translation

メールフォーム

このブログの感想、何か気になることや分からない事、見て欲しい物やアドバイスが欲しいなど御座いましたら、こちらから送って下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。