FC2ブログ
トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

気孔石で石組をしてみる。

昨年の12月の話なのですが、写真のを買ってきました。

このは気孔と言います。

19011801

赤茶色の岩肌に凸凹の穴が開いていてゴツゴツした形をしています。

質感が良くレイアウト水槽で使いやすいです。

このゴツゴツした気孔を使ってレイアウトを作る事にしました。

使う水槽はこの30cmのキューブ水槽です。

19011802

幅はないのですが、奥行と高さが30cmあるので、レイアウトは作りやすいです。

を使う場合はソイルを使う事をオススメします。

ソイルには水を軟水にする効果があり、石を使う事で上がりやすい硬度を抑えることが出来ます。

今回は2種類のソイルを使います。

まずはベース部分には栄養系のソイルを入れます。

19011807

これはADAのアマゾニア・ライトです。

肥料分は少な目なのですが、粒は硬いのでベース部分に使うのには良いと思います。

その上に吸着系のパウダータイプのソイルを敷きます。

19011806

パウダータイプは水草を植えやすいし、吸着系のソイルを使う事で水の濁りは早く取れます。

ただ、2種類を使うとリセットの際は混ざってしまい、リサイクルしにくいのでお気を付けください。

ソイルを敷いて石組を少し考えてみました。

まずは王道の三尊石組。

19011803

ガッチリした安定感が出ますね。

前景、後景、植える水草によってさまざまなパターンが楽しめます。

まぁこれは悪くないのですが、あまり目新しさがないので今回は却下。

次は置き方を横向きに変えてみました。

19011804

こちらも王道の三角構図です。

使う水草によりますが、テープ状の草などを使って左奥への流れを強く意識させるレイアウトとか面白そう。

キューブ水槽は構図が正方形なので、対角に素材を配置するレイアウトはまとめやすいです。

手前は化粧砂を使っても面白いレイアウトが作れそうです。

ただ、今回は全面ソイルなのでこのレイアウトはまたの機会に。

大きな石を立てて置きました。

19011809

石を立てることで迫力が出ます。

これは石組みレイアウトではよく使うテクニックなので覚えておいて損はないです。

ただ、闇雲に石を立てればいいわけではないので、ここぞという場所で立てましょう。

で、後ろの部分も作って、結果的にこの様になりました。

19011805

山岳を意識したレイアウトです。

二段にすることで、迫力・高さ・奥行を表現します。

ただ、石を立てると隙間が出来てソイルが流れ出てしまうので、この様にして流出を防ぎます。

19010808

白いのは濾材のウールマットを丸めたものです。

これを石の隙間が埋まる様に配置します。

きちんと埋めておかないとどんどん流れ出てしまうので、石を配置する時になるべくしっかりと付けておきましょう。

最初は白いけれど、段々と茶色くなってきます。

ちなみにグレーのソイルはアマゾニア・ライトで、黒いのはチャームのパウダーソイルです。

今回の作業を動画にしてありますので、興味がある方はそちらもご覧になって下さい。



次回は水草の植栽ですので、お楽しみに。
関連記事
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017年7月からFC2公式ブログとして活動させていただいております。

インターネットを使ってのアクアリウムの活動は2005年からしております。

最近は水槽のレイアウト制作・メンテナンスのお仕事もさせていただいております。

2018年10月からユーチューバとしても活動しています。チャンネル名『FOX WORKS』

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

タグと検索


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter

Web page translation

メールフォーム

このブログの感想、何か気になることや分からない事、見て欲しい物やアドバイスが欲しいなど御座いましたら、こちらから送って下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。