FC2ブログ
トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

アピストの新居を作った

写真はうちの30cm水槽で飼育しているアピストグラマ・アガシジィ・ダブルレッドのオスです。

17092701

中々ワイルドな模様をしています。

ヘアーグラスに身を隠してじっとしているわけですが、どうしてこんな事になっているのかというのが、今日の問題です。


このペアは8月にうちにきて、とりあえず30cm水槽に入ってもらったわけですが、もともと飼育メインの水槽ではなく、水草レイアウトをしてあった水槽です。

本来はアピストグラマは魚の状態を綺麗に仕上げて、卵を産ませ、それを育てるという事が楽しみな魚なわけです。

ですが、うちの場合は元々水草があって、アピストグラマ的にはあまりよろしくないのではないのかなと思ったわけです。

ちょっと前の姿はこんな感じでした。

17092702

ヘアーグラスは伸び放題、センターにあるバークレアというロゼット状の水草は巨大化、他にも水草が繁茂しまくっているわけで、これはアピスト的にどうなのかと私は思いました。

で、最初の写真のようにアピストのオスはヘアーグラスに隠れるという事をしだしたわけで。

そこで私は新しくアピストのための水槽を立ち上げようと思いました。

ケロちゃん水槽の横にアピちゃん水槽を立ち上げたのです。

17092703

まだ何も入っていませんが、できるだけアピストの生活しやすい環境を整えて繁殖行動をしてもらおうというわけです。

で、話は30cm水槽に戻ります。

ちょっと前からなのですが、普段アピストのオスとメスは見える範囲からいなくなっていて、エサの時になると姿を見せていました。

17092705

エサ食い自体はしっかりとしているので心配はなかったのですが、私としては草が茂りすぎていて環境が良くないのではないのかなと思い始めました。

さらに、メスの気性が荒くなっていて、オスや同居しているサイアミーズフライングフォックスを威嚇するようになってきて、これは早く環境を変えてあげた方がよいのではないのかなと、その時は思ったのです。

17092704

で、上の新居を用意して、ここで使っている流木を引っ越し先の水槽に入れてあげようとした時です。

水草をどかして流木を持ち上げたらその裏にいくつかのつぶつぶがあるじゃあ~りませんか。

このつぶつぶはアピストグラマの卵だと思います。

普段姿が見えないのも、メスが威嚇しているのも、全てこれが起因だったのです。

新居を用意して、ここで繁殖してもらおうという私の計画以前に、もう繁殖しちゃっていました。

最初の写真のオスがメスに見つからないようにヘアーグラスに隠れているのもこれが原因だったのです。

17092706

草が茂りすぎていて、全然気が付かなかったわけです。

新しい水槽立ち上げたから強引に引っ越しをしてしまおうかと思ったのですが、メスは卵を必死に守っているし、あまり環境を変えるのも良くないと思うので、もう少し様子を見てみます。

そして、生まれてくるかもしれない稚魚の餌のためにブラインシュリンプの用意をしなくてはいけないのですが、以前使ったブラインシュリンプが見つからないのです。

探し物は探している時には見つからない法則です。

トホホ・・・。

予想外の産卵、新設した水槽の行方、生まれてくる稚魚の飼育・・・想定外の事態が次々と。

とりあえず、頭の中を整理して一つ一つ解決していきましょう。


次回は『フォックス、ブラインシュリンプを沸かす』の巻です。

期待しないでお待ちください。
関連記事
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017年7月からFC2公式ブログとして活動させていただいております。

インターネットを使ってのアクアリウムの活動は2005年からしております。

最近は水槽のレイアウト制作・メンテナンスのお仕事もさせていただいております。

2018年10月からユーチューバとしても活動しています。チャンネル名『FOX WORKS』

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

タグと検索


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Twitter

メールフォーム

このブログの感想、何か気になることや分からない事、見て欲しい物やアドバイスが欲しいなど御座いましたら、こちらから送って下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。