FC2ブログ
トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

水草展に行ってきました。 その5

水草展に行ってきました。 その5になります。

前回までで基本的に水草展イベントは紹介できましたので、今回はおまけ的に私が見てきたものを紹介します。

ここは実験植物園です。

沢山の植物が展示研究されている場所です。

折角来たのに水草だけしか見ないのでは勿体ないわけで、普段は見られないような植物や展示物を楽しんできました。


沢山撮ってきた写真を見返して私が一番驚いたのはコレです。

物凄いラスボス感を感じさせます。

17081801

温室と温室の間にある物ですが、遠目に見た時は一瞬お化けの様で「あれ何!?」と戸惑いました。

近づけばすぐに分かるのですが、これは木の根です。

この様に吊るして展示してあり、木の種類によって根の伸び方が違うのですよってことを教えてくれています。

この手前には自然に朽ちた木の根が展示されていたり、普通の植物園とは違った物が見れます。

植えてある植物も目を引くものが多かったです。

この立体感の強烈な木はセコイアです。

17081804

セコイアはアメリカ原産で世界最大の樹高(100m)になる木です。寿命は1000年前後、長い物だと2000年以上生きている物もあります。

この太さになるのだって相当長い時間を要しているのでしょうから、1000年とか想像も尽きません。

面白い質感つながりで、温室の中でみた亀甲竜です。

17081809

塊根が時間を掛けてだんだんと亀の甲羅のようになっていく植物です。

ここまで育てるのに相当な時間が掛かりますが、ここからさらに時間を掛けるともっとゴツゴツしたスゴイ姿が見られるそうです。

たまに売っているのを見かけるのですが、タイミングが悪く中々買えないのですが、いつか欲しいなと思っている植物であります。

恐竜みたいな感じが凄くいいですね。

恐竜時代からある植物の代表格で、こんなお化けみたいなソテツもありました。

17081805

このソテツ、実は女の子だったりします。

ソテツは雌雄異株で雄花、雌花と違った花を咲かせるのです。

入口付近にもソテツがありましたが、どうやらこちらは男の子の様です。

17081708

こうして写真を見ると今にも動き出しそうですね。


奥にある研修展示館の横に水生植物温室があります。

研修展示館から行けるのですが、この通路に150cm水槽が置いてありました。

17081810

レイアウトはそれなりですが、大きな水槽は見た目が良く、水草を見るのにも広々としていてとても良いですね。

中央部にはレースプラントが植えられていました。

17081811

教育棟の物販会場でレジンで固められたレースプラントの葉を見ていましたから、ここにきて実物が見れて感激。

レースプラントいいなぁ熱がさらに高まりました。

買えないわけではないのですが、問題は巨大化するレースプラントを入れられる水槽がないという最も深刻な問題があるのです。

大きな葉っぱを出す草はその魅力を発揮するためには相応のサイズが必要なのですね。

中途半端なサイズに入れると結局良さが十分に出せずに邪魔になるだけなのです。

草だけに限りませんが、魚などもサイズにあった水槽を用意しましょう。

この先の通路右側には水草の受粉の仕方ごとに水槽が分けて展示されていて、その先に水生植物温室があります。

こんな感じで室内に池があり、沢山の種類の草が展示されています。

1781812

池の中にはエンゼルフィッシュとか泳いでいますので、寄ったら探してみてください。

で、ここは壁面にも植物が展示されていてます。

ビカクマニアの方お待たせしました。

僅かなスペースではありますが、ビカクシダが展示されていました。

17081814

大きな株の下に品種の違う株がいくつか展示されています。

ビカクシダは産地によって葉の形が違うからコレクターの方は集める楽しみがありますね。

ちなみに、温室にはもっと巨大な物があるようですので、行ったら探してみて下さい。


最後は石です。

入口入ってすぐ左側に展示されている『球状のかんらん岩』です。

17081803

細かく書きだすと長くなるので短くまとめますが、約2億年前の海底の石が色々な環境で自然の風化作用を受けて丸くなった物です。

2億年前の石ということは、この石は2億歳!?って凄いです。

人は歳を取ると丸くなりますが、石も2億年経つと丸くなるのですね。

研修展示館の前でも石の展示はされています。

一番左の小さい物は亜鉛鉱石の原石で5円玉の原料になります。

17081806

奥に2つある背の高い物はカシの木の化石で珪化木といい、約6500万年前の物。

手前の物はコダイアマモの化石が見られる石で約1億年前の物。

白い筋が入っている表面がゴツゴツしている石は南極の石です。

石組レイアウトの好きな方なら白い筋がイイ感じだな~とか表面の凸凹がイイ感じだな~なんて思うのではないでしょうか。

17081807

驚くのはそこではなく、なんと!この石は約10億年前!!の石だそうです。

石は生き物ではないので寿命はありませんが、この石や上で紹介した植物の存在を考えると人間なんてちっぽけなもので、争いなんてしているのは馬鹿らしく感じますね。

どんなに生きたって百年前後なのに、その短い人生を楽しく生きられないのですから。

みんな仲良くできればそれが一番良いのです。

自分だけではなく、お互いが幸せになれることを考えれば紛争なんてなくなるのではないかなと思います。

自然の流れに身を任せる石や、与えられた環境で一所懸命に生きる植物を見ていてそんなことを考えました。


この日は雨と時間の都合で全部回ることは出来ませんでしたが、まだまだ園内興味深い場所は沢山あります。

こんな雰囲気の良いコケもあったりします。

17081815

水草展は今度の日曜日の20日で終了です。

次回は最短で2年後だそうですので、この機会に是非筑波実験植物園行って綺麗なレイアウト水槽、水草の観察や水草の化学、色々な体験をして楽しんで、一夏の思い出にいかがでしょうか。

筑波実験植物園へは、つくばエクスプレス線「つくば駅」で下車し、路線バスで「筑波実験植物園前」で降りてください。

車の人はカーナビに案内してもらってくださいね。

水草展、植物が好きな人ならきっと楽しめると思います。

私はまた行きたいと思いました。

17081816

長々とお付き合いありがとうございました。
関連記事
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017年7月からFC2公式ブログとして活動させていただいております。

インターネットを使ってのアクアリウムの活動は2005年からしております。

最近は水槽のレイアウト制作・メンテナンスのお仕事もさせていただいております。

2018年10月からユーチューバとしても活動しています。チャンネル名『FOX WORKS』

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

タグと検索


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter

Web page translation

メールフォーム

このブログの感想、何か気になることや分からない事、見て欲しい物やアドバイスが欲しいなど御座いましたら、こちらから送って下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。