トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

アクアライフ9月号&私の60cm水槽

アクアライフ9月号が発売されました。

今月の特集は60cm水槽です。

17081101

60cm水槽というとタイトルにある『大定番』という言葉がぴったりの水槽です。

特に60cmの規格水槽(奥行き30cm、高さ36cm)は初めての人にオススメするのには丁度良いサイズとなります。

メリットは本を読んでいただければ分かると思いますが、簡単にまとめますと、

・多すぎず少なすぎない水量

・魚の飼育に適した広さ

・あまり場所を取らない大きさ

・レイアウトのしやすさ

・器具の揃えやすさ

など、あげだすと結構ありますので、その辺りは使っていただければよく分かります。

初心者でもベテランでも楽しめるサイズです。

今号では60cm水槽の管理のコツやレイアウトテクニック、参考になるレイアウトなどが掲載されています。

他にも60cm水槽にオススメの魚の特集があったり、パルダリウムのコーナーもあったり、最近気になるカメレオンの特集などがあります。

読み応えのある内容なので興味のある方は是非買って読んでみて下さい。


ちなみに私が初めて世界水草レイアウトコンテストに出したのは2006年なのですが、その時は60cm規格水槽で応募しました。

17081102

60cm水槽でも立派なレイアウトは作れますし、そこそこの結果を狙うこともできます。

可能性を信じてレイアウトする楽しみを感じて欲しいです。


エンゼルフィッシュの繁殖もしました。

こんな感じでとても賑やかな水槽でした。

17081103

稚魚の餌を用意したり大変ではありましたが、今思い出すととても楽しかったです。

水量があるのでエンゼルフィッシュの稚魚を育てやすかったです。

エンゼルフィッシュだけでなく、グッピーやベタなど色々な魚の繁殖が出来ます。

これも60cm水槽の特色ですね。


変わり種として、数年前の話ですが、新宿サブナードにあるアクアフォレストのコンテストに出した作品です。

17081104

天空の城ラピュタに出てくるロボット兵の朽ちた頭のプランターを利用してレイアウトしました。

最近はジブリウムなんて言いますね。

60cm規格水槽はある程度広さがあるのでこんな遊び心のあるレイアウトも出来ます。

形にこだわらずに自由気ままにレイアウトする楽しみも感じられます。


今月のアクアライフはこんな60cm水槽の特集なので、60cm水槽やってみようかなと思っている方にはオススメですよ。

本屋さんに行っている暇がない人はアマゾンでも買えますのでこちらからどうぞ。


関連記事

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017年7月からFC2公式ブログとして活動させていただいております。

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

キャンペーン

現在開催中のキャンペーンです。
締め切りは8月31日まで。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


IAPLC2017

Twitter

Web page translation

メールフォーム

このブログの感想、何か気になることや分からない事、見て欲しい物やアドバイスが欲しいなど御座いましたら、こちらから送って下さい。
ブログで採用された方には何か素敵な物を贈らせて頂きます。

名 前:
メール:
件 名:
本 文:

画像はアップロードしたファイルのURLを貼って下さい。

ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。

タグと検索


私のオススメ

私の作品が掲載されている本です。