今日はお休みだったので、駒草園で今月号のアクアジャーナルを買ってきました。

今月号は着生の表現ということで、活着水草についての特集です。

17061201

故天野尚氏がボルネオ島で撮影した自然の写真が最初から目に入ってきます。

熱帯雨林の景色や水際に生えるコケや植物など貴重な写真が掲載されています。

自生地の姿を知ることで本来の表現方法を学べますね。

まさにLearn to Nature.です。

今号はこの写真を見られただけでもとても価値があるように感じました。


他にはDOOAの器具や詫び草マットの紹介、活着水草を使うときのテクニックなどが紹介されています。

資料としても参考書としても役に立つので今号はお買い得だと思いました。

アクアジャーナルはADAの特約店で販売しています。


それと、お店でDOOAのネオグラス・エアが展示されていました。

17061202

ガラスの質、シリコンの処理、共に素晴らしい物です。

形も色々とあるので、ハイタイプならこうしようとかロータイプならああしようとか色々と想像が膨らみます。

でも、私にとって一番の問題は、先立つものが無いという事でして、こればっかりは致し方ないですね。

ネオグラス・エアは質の良い小型水槽が欲しい方にはオススメです。


お店でDOOAのカタログを見させてもらいましたが、私も何か似た様なことをしてみたいなぁと思いました。

でも、いつになるのか分からないので、期待しないでお待ちください。
関連記事
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
2017.06.12 (Mon) [ aquarium ] TOP▲