トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム
メールはこちらからどうぞ。

名 前:
メール:
件 名:
本 文:

リンク

榛名神社で『えいき』を養う その3

榛名神社のレポートその3です。

前回は参道の最後までで、今回は本殿までいこうと思います。

この階段を上った先にある赤い屋根の場所が御水屋です。

17051109

紛らわしい名前ですが、手水で手と口を清めるための場所です。

手水の作法ですが、まず柄杓を持って左手をすすぎ、持ち替えて右手をすすぎ、また持ち替えて左手で水を受けて口をすすぎ、最後に柄杓を立てて柄を洗って戻します。

難しいことではないので、お参りする前には清めましょう。


この階段を上って右手の対岸に瓶子の滝(みすずのたき)という滝があります。

17051201

名前の元はこの岩が瓶子岩(みすずいわ)と呼ばれていたからだそうです。

冬になると凍って氷瀑になるそうで、生で見てみたい気もしますが、寒くて無理そう。

先ほどの御水屋の相向かいに国指定の天然記念物があります。

それがこの『矢立杉(やたてすぎ)』です。

17051202

この巨大な杉ですが、武田信玄公が箕輪城攻略の際、矢を立てて必勝を祈願したと伝承で残されています。

ここには太い杉が沢山ありますが、この矢立杉は一番存在感がありました。

二本に見えますが、三本が寄り集まっているそうです。

横から見た姿です。

17051203

樹齢は600年ぐらいだそうで、貫録がありますね。

この力強さには圧倒されました。

幹の途中には他の植物が寄生している姿なども長い年月を感じさせます。

17051204

この杉も最初は小さい芽だったのだろうなと思うと、時間の流れの早さと人の一生の儚さを感じますね。


この矢立杉の横を通り過ぎて階段を上っていきます。

17051205

左にちょっと写っている屋根の正体はコレです。

17051206

神々しい光が差し込んでおりますが、この建物の中に御神輿が入っています。

この建物は神幸殿(みゆきでん)といって、5月8日~5月15日の間に榛名神社の御神体が本殿から神輿に移され神幸殿に遷座されます。

すごく御利益がありそうですね。

こちらの建物も国指定の重要文化財になっております。

凄いのはこれより先の建造物はほぼすべて重要文化財です。


この後、狭い岩の間の階段を上った先に本殿の門があります。

17051207

ようやく本殿に到着です。

次回は本殿です。
関連記事

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017/7/20~FC2公式ブログとして活動させていただいております。

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

キャンペーン

現在開催中のキャンペーンです。
締め切りは8月31日まで。

IAPLC2017

Web page translation

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。

タグと検索


私のオススメ

私の作品が掲載されている本です。