トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

榛名神社で『えいき』を養う その1

先日、久しぶりに半日お休みが取れまして、折角のお休みですし家でゴロゴロしているのも勿体ないということで、最近パワースポットで人気の榛名神社へ行ってきました。

榛名神社は榛名湖のちょっと下(標高800mぐらい)にあります。

この神社の歴史は古く、586年に祭祀の場が創建されたと伝えられています。

途中でお寺とくっついたり離れたり色々あって、現在の榛名神社になっています。

上でも書きましたが、最近はパワースポットで注目されていて週末になると沢山の人がパワーを貰いにお参りに来るそうです。

私はゴールデンウィーク明けの平日だったので幸い空いていました。


この大鳥居から右上に入っていきます。(左に行くと榛名湖の方へ行きます)

17051001

ちなみに、最近は榛名ヒルクライムという榛名山を登る自転車レースが2013年からありまして、今年で5回目。

初心者コースや一番上まで行くコースなどありますが、ここは榛名神社コースのゴールだったりします。

この日は行きも帰りも途中で沢山の自転車乗りを追い越しました。

登りは急坂で漕ぐのが大変、下りはスピードが出過ぎて大変。

参加する皆様怪我をしないように無理せず頑張って下さい。


話を戻しますが、大鳥居のそばに車を停め、ここから歩いていくことにしました。

坂道を登っていく途中の道端で山桜が咲いていました。

17051002

今年はお花見に行っている時間がなかったので、足を止めてちょっとお花見を。

山桜は葉っぱと一緒に咲くタイプの桜でして、ソメイヨシノのような派手さはありませんが、盆栽などでも楽しめる品種です。

そのまま登っていくと入口では八重桜が咲いていました。

17051003

八重桜はボリュームのある感じが好きです。

名前の部分が隠れてしまっていますが、榛名神社と書かれています。

ちなみにこの鳥居は二の鳥居でして、一の鳥居は登ってくる途中にあったりします。(注:先ほどの大鳥居ではありません)


私のブログを長く見られている方はもうお分かりだと思いますが、私目線での写真撮影なので、たまに『?』って写真が出てきますが、適当に読み流してくださいね。

今回もそんな写真が多いかもしれません。

まずはこんなの。

17051004

鳥居をくぐった先で見かけた木と根元。

これ沢山集まっているようですが、先っぽは一つになっていました。

ということはこれは全部一つの木と言う事です。

不思議な形で興味を引かれましたし、木の質感的な物も興味深く、根元の草の伸び方も自然らしいなと。

自然の作り出す造形美は素晴らしいですね。

こういう灯篭に付いた苔も好きだったりします。

17051005

でも、今回は全体的に乾燥していまして、苔本来の美しさが感じられなかったので、苔写真はあまりないです。

苔マニアの方、ゴメンナサイ。

で、先ほどの鳥居を抜けた先にあるのが最初の見どころの一つ『随神門(ずいしんもん)』です。

17051006

随神門というのは神域に邪悪な物が入ってくるのを防ぐための門です。

元々は仁王門だったそうですが、1868年に出された神仏分離令で仁王像が取り除かれ、現在は随神像が祀られています。

17051008

1847年(弘化4年)に建てられた門だそうですが、昔の職人さんの技術の凄さが良く分かります。

今ほど道具がない時代でこれだけの物を作るのはとても大変だったと思いますし、もの凄い技術だと思います。

この門から本殿まで550m(徒歩約15分)あり、この門をくぐると石畳の参道があります。

17051009

真ん中の石畳は新しいと思いますが、両脇の苔むした石垣と石柱はこの道の古さを醸し出していますね。

このまま緩やかな上り坂が続いていきます。

この参道沿いには巨大な杉の木が沢山あり、右下には渓流が流れています。

17051011

渓流の景色を見ているだけでテンションが上がるのは私だけでしょうか。

石組好きとしては自然の中の石には凄く惹かれます。


この辺りには樹齢100年から400年ほどの杉が千本ほどあるそうで、『千本杉』と呼ぶそうです。

17051012

この太い杉が沢山ある景色からも、ここがパワースポットと呼ばれるのが分かる気がします。

この参道の歩き始めてすぐ途中に『鞍掛岩』という珍しい岩がありました。

17051013

分かりますでしょうか、への字の形に岩のアーチが出来ていて、その上に植物が生えています。

その名の通り、鞍を掛けたような岩です。

水槽のレイアウトでもたまに岩のアーチを見ることがありますが、自然の中にもこういう造形があると思うと、まだまだ人間の想像力は自然を超えられませんね。

※他の方のHPで、この下の方にある岩の空洞の上の岩を指して鞍掛岩と呼んでいる所がいくつかありましたが、高崎市指定文化財に指定されているのはコチラですので、お間違えの無いように。(高崎市のHPからも確認できます)

ここにはこの鞍掛岩の様な趣のある岩がいくつかありますので、この後紹介していこうと思います。

長くなったのでその2へつづく。
関連記事
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017年7月からFC2公式ブログとして活動させていただいております。

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


IAPLC2017

Twitter

Web page translation

メールフォーム

このブログの感想、何か気になることや分からない事、見て欲しい物やアドバイスが欲しいなど御座いましたら、こちらから送って下さい。
ブログで採用された方には何か素敵な物を贈らせて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。

タグと検索


私のオススメ

私の作品が掲載されている本です。