今日はお休みだったので、駒草園にアクアジャーナルを買いに行ってきました。

今月号は60cm水槽の特集です。



60cm水槽の立ち上げから維持管理まで丁寧に説明しています。

この60cm水槽は幅、高さ、奥行きのバランスが良く、水草のレイアウト水槽を始めてみたい人にはピッタリのサイズです。

私はSサイズ(幅30cm)の水槽で始めて段々とサイズを上げていきましたが、小さすぎるとメンテナンスを頻繁にしないといけないし、大きすぎると機材にお金が掛かるし、出来るのなら最初はこのサイズが維持管理がしやすくコストパフォーマンスが良いのでオススメです。

ちなみに、私が始めて世界水草レイアウトコンテストに応募したときの水槽は60cm水槽だったりします。

これがその時の応募作品です。



作品のタイトルは『始まりの道』。

ここから私のコンテストは始まったのです。

水草水槽を始めてみたいなぁと思っている方や、水草レイアウトコンテストに出してみたいなぁって思っている方がいたら、是非この本を参考に60cmサイズで始めてみてはいかがでしょうか?

楽しいですよ。



最近のアクアジャーナルを見ていて感じる事があります。

それは、若いスタッフがとても頑張っているということです。

今月号でも若いスタッフの作成したレイアウト水槽を沢山載せていたり、コラムなども充実していました。

天野前社長のいなくなった穴は大きいですが、みんなで力を合わせて頑張ってほしいと思います。



それと、今度の日曜日に新潟にあるNAギャラリーに行ってきます。

最後に行ったのは随分前なので、現在どうなっているのかとても楽しみです。

現在写真撮影は禁止なのでレポートは出来ませんが、しっかりと目に焼き付けてこようと思います。

関連記事
2017.04.10 (Mon) [ aquarium ] TOP▲