トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

SOLOR RGB レビュー

アクアデザインアマノ(以下ADA)から発売された新型照明ソーラーRGB。

出た直後は品薄で買いたくても買えないという方が多かったのではないでしょうか。

私も(株)しみづ農園さんに設置させていただいてる120cm水槽に付けるために7月に予約したのですが、時すでに遅し、初回には間に合いませんでした。

で、9月末にようやく特約店に届き、10月に入りようやく手元に届きました。



1台で90cmまでカバーするのですが、設置するのは120cm水槽なので2台必要です。

一応スペックはこの様になっています。(ADA公式HPより抜粋)

照明ユニットサイズ/W43×D28×H6.4cm
照明ユニット重量/2.6kg
入力電圧/AC100~240V 50/60Hz
消費電力/130W 光束/3,000~3,500lm
照度/約21,000Lx(30cm直下照度)
色温度/約9,000~12,000K
(LEDの特性上、色温度には高低のばらつきがあります)
LED個数/160個(RGB LED)
LED寿命/30,000時間以上(使用環境によって異なります)
使用環境温度/0~35℃

蓋を開けます。



まず最初に目に入るのが”LEARN FROM NATURE,CREATE NATURE ”という文字。

意味は”自然から学び、自然を創る。”ということ。

ADAの前社長、故天野尚氏が提唱したネイチャーアクアリウムのコンセプトです。

この紙とその下のスポンジカバーを取ると、本体が出てきます。



照明部分が上になって入っています。

LEDなので、本体の幅全面にLEDが配置されています。

ここに160個もついているのだからビックリですね。

紙が入っていますが、本体の放熱フィンで怪我するかもしれないから手袋してねっていう事が書かれていました。

順番に出していきます。



本体の他、安定期、コード、ワイヤーの調整金具が入っています。

こだわりがあるのだと思うのですが、この調整金具は何とかならなかったのかなと。



ワイヤーの調整に一番時間が掛かります。

2台あるので4か所をほぼ同じ長さにするのがとても大変。

一つ決めて同じ長さにしたつもりでも吊るしてみるとちょっとずれてる。

金具を緩めて微調整をして揃えます。

最近は便利なワイヤー調整金具が市販されているので、この作業が大変な方はそういった金具に交換すると作業がスムーズに進みます。

今回はステンレスのハンガーに吊るしました。

高さは水面から30cmです。(メーカー推奨)



本体を吊るした後、安定期を接続します。

今回の安定期は接続のコードが出ていて、それを繋ぐ形になっています。



イルミネーションで使うLEDのコードみたいですね。

点灯します。

わぁ、明るい!

20161006_124307

写真を見ると明るそうではありませんが、周りが暗いということは照明が明るい(カメラの露出が照明に合わされているために周りが暗くなる)ということなので、ご理解下さい。

LEDがRGB素子で素子一つ一つが白なので全部白く見えます。

明るいですが、ソーラーのように眩しすぎることはありません。

また本体の熱もソーラーほど熱くはありません。

本体には右手前にADAのロゴが付いています。



今回はこのロゴが両面に付いていますので、向きを変えてもちゃんとロゴが見えます。

ちなみに水槽周りの露出に合わせると、水槽が明るすぎて白飛びしちゃいます。

2台並んだ姿は中々見ごたえがあっていいですね。



ソーラーRGBを設置する前はこのぐらいの感じ。



これでも決して悪いわけではないと思います。

変える前はこれが普通でしたし、違和感を感じることもなかったです。

で、変えた後はこの様な感じです。

20161011_130839

一目瞭然ですが、緑がすごく鮮やかな緑になりました。

変える前と比べると水草の調子が凄く良くなったように感じます。

メタルハライドランプ(以下メタハラ)のグリーン球に変えたみたいです。

以前からメタハラにはそのグリーン球という緑が綺麗に見える球がありましたが、それだと緑以外の赤や青がくすんで見えてしまうという弱点がありました。

このソーラーRGBはその赤や青がくすむという弱点を克服しています。

20161015200626472.jpg

緑だけでなく、インディカの赤や龍王石の青が凄く鮮やかになっています。

色が濃くなった分、若干暗く感じるような気もしますが、水草の色味はとても良くなったように感じます。

何より、オープンアクアリウムになったことで開放感たっぷりで凄く雰囲気がいいです。

20161006_124849

素子が白いので、水面に映る光も白です。

白の他に赤とか緑が混ざっているLEDの場合は水面にそれらが映り込み、見た目がよろしくないですが、これだとそういう心配はありません。

ただ、メタハラの時にあった水面の揺らぎを反射した光はありません。

この辺りは好みの問題もあるので何とも言えませんが、置き場所によってはない方が良いこともあると思います。

テーブルに座って見るとこの様な感じ。

20161011_130810

発光部が見えますが、思ったほど眩しくなかったです。

20161006_125050

水草水槽は仕事に疲れた時や気分転換したい時にボーっと見ていると、とても癒されますのでオススメです。


この新しい太陽(ソーラーRGB)がネイチャーアクアリウムをまた新しいステージに押し上げてくれるでしょう。

品薄も解消されてきましたので、予算に余裕がある方は是非導入されてみてはいかがでしょうか。

ソーラーRGBはADAの特約店で販売されていますので、お近くの特約店で問い合わせてみて下さい。
関連記事

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017年7月からFC2公式ブログとして活動させていただいております。

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

キャンペーン

現在開催中のキャンペーンです。
締め切りは8月31日まで。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


IAPLC2017

Twitter

Web page translation

メールフォーム

このブログの感想、何か気になることや分からない事、見て欲しい物やアドバイスが欲しいなど御座いましたら、こちらから送って下さい。
ブログで採用された方には何か素敵な物を贈らせて頂きます。

名 前:
メール:
件 名:
本 文:

画像はアップロードしたファイルのURLを貼って下さい。

ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。

タグと検索


私のオススメ

私の作品が掲載されている本です。