2年前の今日、私は東京国際フォーラムにいました。

アクアデザインアマノ(以後ADA)が主催する世界水草レイアウトコンテスト(以後IAPLC)の表彰式が行われるネイチャーアクアリウムパーティ2013に参加していました。

そこで会ったADAの天野尚社長。

私にとってそれが最後になるなんて・・・未だに信じられません。

15092801

それから2年後の今日、新潟で天野尚社長のお別れ会がありました。

8月に突然遠いところに旅立ってしまった天野社長。

私にとって憧れであり、目標であった人が突然いなくなってしまったショックは未だに癒えません。

行けるものなら今日現地まで行きたかった・・・。

でも、お別れなんてしたくないって思う自分もいた。

15092802

今年こそコンテストで良い順位を取って胸を張って会いたいと思っていた。

そんな夢は現実になることもなくなってしまった。


今はただ悲しくて、ただ寂しい。

追いかける物が無くなって路頭に迷う子供の様な気分。

15092803

今年の作品はどんな風に見てもらったのだろう、どんな批評をしてもらえるのだろう。

来年に向けて作品作りをしていくうえで天野社長の声はとても大きかった。

もう、その声は聴けない。

これからは自分の意志で前に進まなくてはならないのだ。

この穴がいつ埋まるのかは、分からない。

でも、今言えることは一つ、「ありがとう」という感謝の言葉。

この素晴らしい世界に導いてくれた天野尚という人間をいつまでも忘れない。

形式的にはお別れなのだろうけれど、自分としては見えない姿をいつまでも追い続けていきたいと思う。

さようなら、天野尚。

ありがとう、天野尚。

いつまでもあなたの事を忘れません。

関連記事
2015.09.28 (Mon) [ aquarium ] TOP▲