写真はちょっと前の40cm水槽です。

この水槽、元々は白砂だったのですが、白砂がちょっと前に行方不明になりまして、最近は明るいベージュのラプラタサンドを使用しておりました。

15061004

白い魚がいるのに、雰囲気がなんとなく黄色っぽくなってしまうのがイマイチ。

イマイチだとメンテするのも億劫な感じに。

ちなみに以前からいた5歳ほどのミニブッシープレコは4月に死んでしまい、写真の子は2代目です。

で、先日水槽用具の棚をガサガサしていたところ、奥から白砂が出てきたのですよ!

見つけた瞬間小躍りしそうなほど嬉しかったです。

で、早速リニューアルです。

あっという間に真っ白です。

15061001

リニューアルと言っておきながら殆ど変っていないけれど、あまり気にしない方向で。

水槽も白砂が入ることで凄く明るい雰囲気に。

エンゼルも思わず小躍りをしてしまうほど明るい雰囲気(私的な感覚です)。

この白さは最高です!


と言っても、すぐにゴミが舞って汚れてしまうのですけど・・・。

でもまぁ、白砂はちょっと汚れているぐらいの方が写真写りが良いのであまり気にはならないのですけどね(私的(以下略))。



あと、私が白砂が好きな理由として、このエンゼルフィッシュとの兼ね合いがあります。

写真だと分かりにくいのですが、このエンゼルフィッシュはプラチナなのでキラキラと光を反射するわけです。

15061002

なので、下が白砂だと鱗の反射が白くて色が綺麗に見えるのです。

やはりキラキラ系の魚はいかに綺麗に輝くかが大事です。

キラキラ系は輝きが命です。

15061003

白砂に戻ったことで改めてそこを感じています。

もっと白砂は評価されてもいいのではと思ったり。


でも、上でも書きましたが、白砂はすぐに汚れてしまうのであまり神経質な人にはオススメ出来ません。

ちょっとぐらいの汚れは気にしないよって人でないと精神衛生的によろしくないからです。

なので、白砂は人を選びます。

15061005

人を選びますが、化粧砂を綺麗に維持するコツを覚えれば誰でも常に綺麗に維持することも可能です。

それは、

薄く敷き、汚れたらサッと吸い出し、新砂投入。

これで化粧砂を綺麗に維持できる・・・はずです。

厚く敷く場合は毎日掻き回す・・・という事を聞いたことがありますが、面倒臭がりの私にはそんなことしていられません。

頻繁に処分したら化粧砂がモッタイナイ!と思う方は吸い出した砂を漂白剤に浸けて綺麗にして再利用しましょう。

他にも化粧砂の維持でお困りの方がいると思いますが、何か困っていたらお力になりますので、お声かけ下さい。

サッと書いて終わりにしようと思ったのに、ダラダラ書いてゴメンナサイ。
関連記事
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
2015.06.11 (Thu) [ aquarium ] TOP▲