トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム
メールはこちらからどうぞ。

名 前:
メール:
件 名:
本 文:

リンク

aquafox in Tokyo. 2014 summer 前編

夏休み真っ最中の今日この頃。

連日猛暑の中、家族旅行に行ってきました。

今年はお泊りできる予定がないので、日帰りで行けるところに行くことにしました。

今更な感じはありますが、東京スカイツリーへ行くことにしました。

5387


行ってみたいと思っていても中々行くことができなかったので、この機会に行かなければと。

以下、長いので追記。

電車で上野駅まで行き、そこからスカイツリーシャトルに乗りました。

5388

ナンバープレートがスカイツリーの高さと同じ634とか、細かいこだわりを感じました。

乗ったバスも天井が部分的にガラスで解放感があってよかったです。(帰りのバスは無かったです)

バスに乗ってしばらく揺られていると、だんだんと見えてきましたお目当ての場所が。

5389

初めて見るわけではありませんが、あそこに行くと思うとワクワクしてきます。

遠目に見える時はまだ大きさを感じないのですが、だんだんと巨大化してくるわけです。

ちょうどバスの天井がガラスだったおかげで足元に来ても上を見て楽しめました。

5390

この後、スカイツリー駅から上に上がり、チケットを買うための列に並んだのですが、これがまた長かった。

途中で液晶モニターでスカイツリーの建造中の写真とか、こんな絵を映していていて、これは自分としては良かったです。

5391

拡大しますので、興味のある方はどうぞ。

この後、チケットを買い、手荷物検査を経て、エレベーターへ。

上空350mまで50秒というもの凄い速さのエレベーターですよ。

4機あって中には春夏秋冬を表現したものがあしらわれていて、私が乗ったエレベーターは『夏』でした。

江戸切子の花火があがる『隅田川』をイメージしたものだそうで、とてもキラキラと輝いていて綺麗でした。

中には5392

ちなみに帰りのエレベーターは『冬』でした。

こちらは押絵羽子板職人による雲や富士山を背景に鋳物の都鳥が舞う「都鳥の空」をイメージしたものだそうで、とても落ち着いた雰囲気でした。

5393

上2枚拡大しますので、興味のある方はどうぞ。

50秒なんてあっという間に過ぎてしまい、展望デッキへ到着。

降りてみて、当たり前なのですが沢山の人がいるのに驚きました。

5404

でも、ここが目的の場所ではないので、わき目も振らずに次の行列へ。

5394

こちらの行列は10分ほどだったので、最初の行列から比べれば全然気にならず。

エレベーターは下の物とは違って素っ気無い感じなのですが、部分的にガラスなので動いている感がとても伝わってきます。

こちらは100mを30秒で上がります。

5395

こちらもあっという間に到着。

天望回廊は天望デッキと比べてだいぶ人口密度が薄かったので、外の景色が見やすかったです。

5403

上り坂でちょっと上がります。

肝心の天気ですが、悪くはなかったのですが、少し霞んでいたのが残念。

でも、前日は強風なら中止かもなんて聞いていたので、ここに来れて良かったです。

高いところって、とても気持ちの良いものですね。

あちこち見ながらあれはどこで、こっちはどこでって探すのが楽しい。

ここから下の写真は拡大します。

画質が悪いのはあまり気にしない方向でお願いします。

5396

さすがに自分の家は見えませんが、思わず自宅の方角を見てしまいます。

遠くは霞んでいて残念でしたが、足元はとてもきれいに見えました。

下に写っているいる半円形は展望デッキの屋根です。

5397

下に見える車が超ミニサイズ。

人はほとんど見えないですね。

高い場所からみた東京はまさにリアルシムシティ状態です。

5398

私の写真の技術ではこのスケール感を上手に伝えることができないのがもどかしい。

まぁ折角上空からの風景写真を撮ったわけですし、ミニチュア風にしてみました。

5400

どうでしょう、たまにはこういうのもイイかも。

写真には撮りませんでしたが、天望回廊ではソラカラちゃんもお客様と写真撮影会をしていました。

もっとゆっくりと納得いくまで撮影を楽しみたかったのですが、子連れの父親にそんな時間があるわけもなく、あっという間に降りる時間に。

5401

楽しい時間はあっという間に終了です。

上るときのワクワク感がないからか、降りる時の早いこと早いこと。

短い時間でしたが、非日常を感じられた楽しいひと時でした。

自分的、ベストショット。

5402

青空が澄み渡っていたらもっと綺麗な景色が見れるのでしょうね。

また来たいなぁって思いつつ、次に待つ真の目的地へと行くのでした。

後編につづく
関連記事

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017/7/20~FC2公式ブログとして活動させていただいております。

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

キャンペーン

現在開催中のキャンペーンです。
締め切りは8月31日まで。

IAPLC2017

Web page translation

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。

タグと検索


私のオススメ

私の作品が掲載されている本です。