光を反射して輝くADAのロゴ。

5320

これは何かと言うと、アクアデザインアマノ(以下ADA)のカタログです。

赤い箔押しの文字がカッコイイですね。

5321

私のブログフレンドのビギナーアクアリウムに挑戦中の2sony2sonyさんが、先月の記事でカタログが写っていなかったのを見て、送って下さいました。

お気遣い、ありがとうございます。

ちなみにブログのタイトルはビギナーですが、全然ビギナーではありませんので、お間違いなく。

なお、ビーシュリンプに関してはとてもスゴイです。


話は戻りますが、このADAのカタログ、先月の記事でも書きましたが、昔からとてもクオリティが高いです。

それは今回の物も同じで、ちょっとした写真集ばりです。

5322

綺麗なレイアウトを見るというのはとても大事な事で、理屈を学ぶのも良いですが、それよりも美しい物を沢山見て、目を肥やす方が大事だと思います。

構図の決め方や石や流木の置き方などは沢山の作例を見ることで感覚的に研ぎ澄まされていきます。

水槽に限らず、美術品などの『美しい』と言われる物にはみな『美の法則』があるので、それを感覚的に分かるようになってくると良いレイアウトが作れるように感じます。

似たような物が自然の中にもあって、こちらは『自然の法則』と言います。


話はそれましたが、このカタログやアクアジャーナルなど、綺麗なレイアウトを見ているだけでも段々とレイアウトの腕は上がると私は思っています。

あまり載せてはまずいのかもしれませんが、今回私が一番いいなぁと思ったのはこのレイアウト。

5323

石と流木がイイ感じで、魚の配置もバッチリ。

あと、私はすぐゴチャゴチャさせてしまうので、こういう風にサッパリとした美しさに憧れます。

また行けるものならば新潟のADA本社にあるネイチャーアクアリウムギャラリーに行きたいですね。

5324

ここに行くと等身大のネイチャーアクアリウムが見れますからね。

今は東京スカイツリーの下にあるすみだ水族館でも見れます。

私はまだ行った事がないので、一度行ってみたいものです。


このカタログには沢山のADA SPRITが詰まっています。

ベテランの人は見慣れていて得るものは少ないかもしれませんが、初心者の方にはとてもスゴイ参考書なので是非見てADA SPIRITを感じて欲しいです。



また、これを無料で提供できるのがADAの凄さだと思います。

これからも頑張っていって下さい。


ちなみにこのステッカーも2sony2sonyさんが一緒に送ってくれた物です。

今まで頂いてバケツに貼ってきた歴代のADAのステッカーとはサイズが違うので、どんな物に貼ったらよいのかどこに貼ろうか考え中です。

2sony2sonyさんには他にも沢山いただいてしまった物があるのでまた近い将来お見せしようと思います。

この度はありがとうございました。
関連記事
2014.05.04 (Sun) [ aquarium ] TOP▲