今朝のこと、ベルツノガエルの水槽を遠目に見た所、いつもと何か違う。

何が違ったのか、その答えはすぐに分かりました。



そうです、彼が冬眠から覚めてこちらをじっと見ていました。

5ヶ月ほど目を瞑り、砂を被ったまま小さくなってじっとしていたベルちゃん。

久々のオメメぱっちり顔がカワイイです。

冬眠中はなるべく乾かないように水スプレーを掛けていたのですが、うっかり放置して干物みたいになった時はもうダメかとヒヤヒヤしたこともありました。



カエルを飼い始めて初めての冬眠だったので、起きるのかどうか不安でしたが、きちんと起きてくれて良かったです。

ふと気になったのは飼い主の顔は覚えているのかな?って事。

手を入れても逃げないから多分、大丈夫だと思いますけどね。



今シーズンもヨロシク!!

関連記事
2014.03.11 (Tue) [ frog+ ] TOP▲