トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

南の国に想いを馳せて

頂き物をする時は続けて頂く事が多いです。

エビを頂いてから数日後の事、私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)の遊@危さんがうちにきてくれた時の事、東京のアクアショップ巡りをした時のお土産を持ってきて下さいました。

ありがとうございます。

これがそのお土産の一つの南米アマゾンのマップです。



A4サイズ8枚分の巨大な地図です。

普段はこのスケールで見ることはなく、こうして見るとアマゾン川ってとてつもないスケールだなと感じます。

これだけ長く広い川ですから、流域ごとに魚の個体差があるのも頷けます。

茶色いブラックウォーターの中で、今もまだ未知の魚が泳いでいるのではないかなとか思ってしまいます。


そんな南米の川をイメージした水槽がうちにもありまして、このような感じになっております。

写真はスマホのカメラなので、写りはご容赦下さいませ。
アピストグラマ・カカトゥ・スーパーオレンジのペアが住んでいる30cm水槽です。



落ち葉はだいぶ朽ちて、ボリュームがなくなってきました。

水槽が薄暗いですが、原因は水中を埋め尽くしている根を見ればもうお分かりだと思います。

水面はこのようになっています。

ジャーン!!



一株買ってきたドワーフフロッグピットがここまで増えました。

浮草もここまで増えると水槽が暗くなって光が当たらなくなってしまいますので、こうになる前に適度に間引きましょう。

ちなみに水上部分はどうなっているのかと言うと。



ブセファランドラ(左)とハイグロ・ラトナギリ(右)の水上葉がちょっと調子を崩しています。

ですが、真ん中にある深緑色のボルビディスが水上葉を展開しだしました。

ボルビディスの水上葉はADAのNAギャラリーで見て、いいなぁと思っていたので、今後が楽しみです。

まぁあのような素晴しい草体にするのは難しいと思いますが。


最後にアピストのペアですが、オスはたまにメスの前でフィンスプを繰り返して誘っているようですが、メスの方がまだイマイチみたいで中々産卵にはいたりません。



一度産卵をしているので、しない事はないと思いますので、慌てずにその時を気長に待つ事にします。


関連記事

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017年7月からFC2公式ブログとして活動させていただいております。

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

キャンペーン

現在開催中のキャンペーンです。
締め切りは8月31日まで。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


IAPLC2017

Web page translation

メールフォーム

何か気になることや分からない事、見て欲しい物やアドバイスが欲しいなど御座いましたら、こちらから送って下さい。
ブログで採用された方には何か素敵な物を贈らせて頂きます。

名 前:
メール:
件 名:
本 文:

画像はアップロードしたファイルのURLを貼って下さい。

ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。

タグと検索


私のオススメ

私の作品が掲載されている本です。