私の勝手な都合で、60cmスリム水槽をリセットする事になりました。

でも、リセットする前に、中にいるアピストのペア(カカトゥ・スーパーオレンジ)のための場所を用意してあげないといけない。

5178

なので、30cm水槽(30*30*25)をリセットして新しくアピストのペアのおうちを作ってあげました。

こんな感じです。

ドーン!!

5179

イメージは巨木です。

巨木の根元に住み着いているアピストグラマって感じかな。

バラバラの流木を集めて一本の巨木に仕立て、流木の隙間に以前から使っていたアヌビアス・ナナ・プチやブセファランドラなどの水草を配置。

60cmスリムからもミクロ系とボルビディスを少々もってきました。

CO2は添加していないので、あまり世話のない水草を。


流木の下は空洞になっていて、アピストペアの住処になっています。

5181

あっちこっちから出たり入ったりしています。

化粧砂は病気対策で底が隠れるぐらいの薄さで敷いてあります。

あまり掃除はしなくて良いですが、薄敷きのメリットはゴミを取りやすいことですね。

ちょっと見えているパイプは自作のアクリル吸水パイプです。

パイプにスリットを入れただけの簡単仕様となっております。

出水は以前から使用しているミニリリィもどきです。


流木は水面を突破していて、このようになっています。

5180

量は減らしましたが、以前からあるボルビディス・ベビーリーフの水上葉やブセファランドラの水上葉、ハイグロ・ラトナギリの水上葉、ラビットフットなどが植えてあります。

水上があるとちょこっと水上葉が楽しめてグッドです。

ちょっと見えているマツモはプラントフィルター代わりです。

写っていませんけど、浮草のドワーフ・フロッグピットもちょっと入っています。

水中の無駄な栄養をグングン吸い取ってくれるだろうと期待しています。


これからは40cm水槽のように、手抜きで維持できる水槽を目指していく予定です。

長期維持も考えてシンプルなレイアウトにしましたので。

まぁアピストグラマという魚自体、あまり水換えは頻繁にしないで、苔があっても気にしない、水質が一番大事!という魚なので、自然と手抜きになってしまいそうですが・・・。

5182

ズボラな私には丁度良い魚なのかも。

ということで、仲良くやって下さい。
関連記事
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
2013.10.26 (Sat) [ aquarium ] TOP▲