アピストグラマを飼い始めて、もうすぐ3週間。

5070

導入当初は酸素が少なくて酸欠気味でハァハァ言ってたり、水が合わなかったのか体色が無くなってジョー状態で燃え尽きそうだったり、底でじーっとしたまま置き物のようになっていたり・・・。

でも、そんなヤバイ時期もなんとか乗り越え、うちの水槽に馴染んできてくれました。

最近は♂♀共に、スポイトからエサを上げる時にスポイトの口から口移しであげるほど馴れてきてカワイイです。

姿が見えない時は大体穴の中に隠れていて、ちょっと覗くとこんな風に顔を出してきます。

5074

ウツボみたい。


そんな可愛いアピストですが、飼う前の私のイメージはこんな感じでした。




ヒャッハー!!


5071

色とりどりのモヒカンたちみたいな(お気分を害したらスミマセン)

図鑑を見ると、大体がフィンスプをして背ビレを伸ばしているところなので、みんな背ビレがモヒカンみたいに見えていて、しかも攻撃的で気性の荒いイメージがあったので。

「汚物は消毒だー!!」とか言いながら小魚やエビを攻撃しているみたいな。

これはちょっと無理かな~と思っていました。



でも、今はこんな感じだったり。



5072


優雅さと美しさと強さを兼ね備えた南斗水鳥拳のレイみたいな感じ。

水槽の中で放つ存在感にうっとりです。


本やネットで見ながら、綺麗!ステキ!カッコイイ!って感じ。

5069

今はまだ水草水槽で飼っていますが、将来的にはアピスト専用の水槽を立ち上げてしまうかもです。


ちなみに現在の60cmスリム水槽です。

5075

前回とどこが違うのかと思った方も多いと思います。

見た瞬間に分かった方は相当な観察力の持ち主。

正解は、左下の角のブセファランドラがある辺りにあった石がなくなっていることです。

ここには流木と石の隙間があって、アピストがその隙間をちょっと気にしている節があったので、入りやすいように石をどかして入り口を広げてあげました。

こんな風に中に入って顔を出してきます。

5076

たまにフィンスプをしてメスに猛アピールをしていますが、まだメスにその気はないようです。

5073

毎日ガンバレ~と応援していますが、人間の世界も魚の世界も相手のハートをキャッチするのは中々大変なようです。
関連記事
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
2013.08.24 (Sat) [ aquarium ] TOP▲