うちの水槽に来たお客様。



美しい青い体に独特の模様。

水辺のハンターとも呼ばれています。

この後ろ姿は・・・

翡翠(カワセミ)です。



言わなくても最初の写真を見て分かっていると思いますが、本物ではなくフィギュアです。

最近のフィギュアはとても精巧に良く出来ていて凄いですね。



1年半ほど前に本物のカワセミを見た時に写真を撮影してブログの記事にしましたが、いつかうちの水槽でも撮影できないかなぁなんて思っていました。

今回の90cm水槽のレイアウトは流木が数本飛び出ているので、是非ここに留まった姿を写真に撮りたいと思っていたら、このカワセミのフィギュアが手に入ったのです。

アクアリウムを始めた当初の頃から色々と水中に色々なフィギュアを入れて楽しんでいたわけですが、今回は水上です。

願えば叶うって事で撮影会の開始です。

枝に留まるカワセミ。

4423

軽やかに枝から枝へと飛び回る姿が思い出されます。

留まった枝から水中の魚を狙うカワセミ。

4424

水面下ではカージナルテトラが綺麗に群れて泳いでいます。

でも、カージナルテトラは深い場所を泳いでいて狩りは無理のよう。



残念そうなカワセミ。

場所を変えて、30cm水槽の方に来てもらいました。



枝の上から水中を覗くカワセミ。

ベタの金ちゃんが不思議そうに水上を見上げています。

これから近づいてきた所を一撃で仕留められてしまうとも知らずに・・・チーン・・・。


・・・なんて考えながら撮影会を楽しみました。

また機会があったら違うシチュエーションも試してみようと思っています。


最近出番のない彼とのツーショット。



よくできた水槽はジオラマを楽しむ恰好の舞台になります。

いつもと変わった事をする事で、新しい楽しみ方が見つかったり、意外な発見があったりして楽しいですよ。

是非皆さんも水槽が綺麗に出来たら、水中でも水上でも自由な発想で楽しんでください。

関連記事
2013.05.29 (Wed) [ aquarium ] TOP▲