今日、アクアジャーナルのvol.204を駒草園で買ってきました。

今月の特集は底床です。

ネイチャーアクアリウムに限らず、底床の状態はとても大事です。

4024

私は長期維持はしない人なので基本的にソイルだけで維持していますが、長期の維持を考えている場合はきちんと作っておく事で数年単位で維持できます。

底床内の通水性が保たれる事で底床が呼吸できてバクテリアの活動が活発になり、魚の糞を分解して水草が栄養として処理してくれます。

今回の特集で詳しく書かれていますが、生きた底床を作る事が大事です。


で、うちの底床が死亡寸前の60cmスリム水槽はこうなっています。



4025


前景の三分の二が化粧砂に入れ替わりました。

水換えのたびに底床を少しづつ吸いだして入れ替えています。

良いのか悪いのか良く分かりませんが、なんとか維持できています。

有茎草はまぁまぁなのですけどね。

エンゼルに「伸びすぎですよ~」って言われているみたい。

4026

トリミングしないとなぁ。

って、見るたびに思うのですけどね。

やる気が出るのは11月に入ってからでしょうから、まだしばらくこの状態が続きそうです。

関連記事
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
2012.09.10 (Mon) [ aquarium ] TOP▲