やぁ、久しぶり。

前回の記事でADAの新しいレイアウト素材の渓石を使うと書いたので、早速使ってみたよ。

今回は管理が楽な石メインなレイアウトにした。

3338

写真の画質が悪いけれど、スマートフォンのカメラだから許してね。

どんなレイアウトかというと、こんなレイアウトさ。



ジャ~ン!!

3339
60*22*25(cm)

イメージはギアナ高地のテーブルマウンテン。

遠景のイメージだけれど、右奥に何か草植えれば近景かな~。

上でも書いたけれど、今回のコンセプトは手入れが楽なレイアウトなので、石が汚れたら水槽から取り出して掃除ができるようにしてある。

水草は写真を見れば分かるとおり、キューバパールグラスとモスspタイが入っているだけ。

ソイルはニューアマゾニアね。

3340

キューバパールグラスがなぜスカスカなのかというと、前回のレイアウト使用時にあまり調子がよくなくて、使えそうな場所だけ選んだらこれだけしかなかったの。

水草が少なくてちょっと寂しいけれど、数ヵ月後にはある程度増えてイイ感じに纏まってくれるはず。

モスspは固定していないので、あちこちに散らばっているけれど、あまり気にしない。

キューバパールグラスと混ざり合ってイイ感じになるかな~って楽観視してる。

ただ、排水口の目詰まりだけは気をつけるようにしている。

3341

立ち上げて1週間が経過。

生体はレッドラムズホーンが2匹だけ入っている。

エンドラーズのような小さい魚を入れるとスケール感が強調されて良さそう。

ただ、選択肢は限られている。

現在の自分の状況から新しい魚を買う余裕はないので、今うちにいる魚を連れてくるしかないわけで。

エンドラーズが無難だと思うけれど、カージナルテトラかエンゼルフィッシュかレッドファントムかベタか・・・、慌てずにキューバパールグラスがのんびりと増えるように、じっくり考ようっと。

関連記事
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
2012.01.27 (Fri) [ aquarium ] TOP▲