先日作った裏マニホ用のサドルレザー4本組みのウォレットロープの金具を、ニッケルからブラスの金具に変えた。

3287

質感が少し変わっただけだけれど、すごく雰囲気が良くなったように感じる。


後ろに少し写っている裏マニホの方は、穴を開けてハトメを打ち、小判カンを付けた。

その先に付いているのは昔作った8本組みのサドルレザーのストラップ。

3288

本革のウォレットロープは、革を買ってきて編みこむだけでも形になる。

でも、私は買ってきたレースにいくつかの工程を加える事にしている。

トコ面の処理、ヘリを落とす、コバの処理、表面にオイルを塗りこむ、場合によっては染色したりする事もある。

面倒な事だけれど、これをしておくと完成度がグッと上がる。

毎日身につける物だから、こだわる部分はしっかりとこだわりたい。


それと、前回言っていたタイプGとタイプMの試作品が出来上がった。

百聞は一見に如かずという事で、出来上がった物はこれだ。

3289

左のミニがま口がタイプGで、右側の丸っこいマカロンみたいな物がタイプM。

本革仕様です。

10円玉と比べるとサイズが分かると思います。

カワイイでしょ。

いざと言う時のために小銭を入れておいたり、薬を入れておいたり、細かい物を入れておくのにいいかも。

使う人の感性で色々な使い方があるかなと。


秋の夜長にはこういうチマチマした事が丁度良さそうで、お財布作成の依頼もきているので、しばらくはレザークラフトで楽しめそうです。

関連記事
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
2011.11.08 (Tue) [ aquarium ] TOP▲