トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム
メールはこちらからどうぞ。

名 前:
メール:
件 名:
本 文:

リンク

2011NAパーティ 前編

9月17日、午前中は子供の運動会に行き、途中から抜けて各駅停車の在来線に駆け込む。

揺られる事2時間。

目的の場所は東京国際フォーラムのホールD7。

3170

ADA主催のネイチャーアクアリウムパーティに参加するために。
到着したのが1時過ぎで、もう6階のホールには沢山の人がいました。

受付を済まし、パーティ参加者の投票で選ばれるADA大賞にノミネートする作品を選ぶ事に。

パーティ参加者の作品が写真のように沢山並んでいました。

大きな写真で見るとどの作品も素晴しく、短時間で選ぶのに結構悩みました。

3171

私は自分の作風から、行く前に家で妻と「多分、無理だろうね」と話をしていたのですが・・・。

投票を終えて、7階のホールD7へ。

4年ぶりの会場。

銅賞の指定席に座ってドキドキしながら始まるのを待っていました。

3172

挨拶が済んで、上位作品の発表へ。

優秀賞から順に出て行き、いよいよ自分の順番に。

銅賞からは自分もステージに上がってコメントしなければならないのですが、文章なんて考えていません。

アドリブで思いついた事を口走っていました。

心臓バックンバックンしながら、言葉が詰まった時は正直、死にそうでした。

なんとか終わり、席に戻りましたが、その後しばらく胃が痛かったです。

審査員の先生には魚が奥にいるのがよくないとの事を指摘されました。

当初は手前で群れさせようと思っていたですが、魚が手前にいると風景と雑じって存在感が薄れてしまうのです。

魚がいるのに目立たないというのは正直好きではないので、だから、パッと見で魚の存在が確認できる場所が良いなぁと思ったので背景の空の所に写った写真を選んだのです。

他にも何か言われるかなと思ったら制限時間(1分)でおしまいでした。

それから上位の発表を見ましたが、今回は流出先で見てしまったので驚きは無かったです。

流出は情報の不行き届きだったそうで、今後はしっかりとしてくれるでしょう。

その後、コンテスト必勝セミナーへ。

3173

天野社長が入賞者にアドバイスをするコーナーですが、冗談を冗談だと見抜ける人じゃないと不愉快になるかもしれません。

世の中には冗談の通じない人もいますからね。

でも、聞いていてウンウンと思う事が多かったです。

ちょっとした事なのですが、そのちょっとした事って言うのが難しいのですよね。

私などもそういうちょっとした事がたりないなぁと思いました。

ちなみに私の座席(最前列、一番右)の斜め前ではスタッフの方が経過時間をお伝えしていました。

3174

入賞作品発表の時は1分~で時間を過ぎると手元にあるベルをチン!と鳴らしていました。

この後10分休憩になり、休憩明けに重大発表が!

3175

何かと思ってドキドキしていたら、審査方法の変更でした。

・実行委員会が200作品を選び、
・コンテスト参加者・各国アクアリウムショップ及び雑誌編集者によるインターネット投票で100作品に絞り、
・その作品を審査員とパーティ参加者が選び、
・上位7作品をパーティ参加者の投票によって決める。

とのことです。

こうにする事で最後の最後まで結果がわからなくなるから流出の心配はないと思います。

色々な問題もあると思いますが、現在の審査方法には疑問を感じる部分もあるので、今回の変更はこれからのコンテスト的に良いのではないかと思います。

来年のコンテストのポスターも映されていました。

3176

キャッチフレーズは『あなたが決める世界の原点』です。

決める場所に行けるかどうか、私にとってそこが一番の難関です。

このあとADA大賞のノミネート作品を発表されたのですが、10位の築地さん、4位のクリフさんと呼ばれて、次に自分の名前が呼ばれてしまいました。

予想だにしない事に思わず「えっ!?」て声が出てしまいました。

呼ばれないだろうと思っていたので、自分の作品に投票してくれた人がいてくれて上位に選ばれたことは素直に嬉しい、ただ、ステージに上がって自分の前に呼ばれた人を見た時に感じた絶望。

これは、う~ん・・・ってもう何と言ってよいのか分からない心境。

3177

作品アピールと言われて「小さい水槽を大きく見せる事に全力を掛けました」って言いました。

私自身は90cm水槽って一般的な感覚では大きいサイズだと思っています。

今回の上位作品の水槽サイズは1位から150cm、150cm、120cm、120cm、150cm、90cm(私)、200cm
です。(下の図参照)

3178

このサイズを見れば大きいとは思えないかな~と。

でも、水槽をスケールアップする場所も予算もないわけで、来年もめげずに今使っている90cm水槽で挑みます。

悔しいから、大きいけれど小さい水槽で頑張ります。

話がそれてしまいましたが、投票は会場の参加者がピンポン玉を自分が良いと思った作品の箱に入れていく方法。

結果は1位と2位が同数の64個で決戦投票へ。

私は3番目で36個でした。

この面子で玉を入れてくれた方には感謝感謝です。

ありがとうございました。

あの舞台に上がらせていただいただけで満足です。

結果は世界ランク10位の築地さんがADA大賞に選ばれました。

どちらの作品も素晴しい作品でした。

決戦投票になったのだから、1位だけではなく、2位の方にも商品を用意しておいてあげてもよかったかもしれませんね。

このあと表彰式で賞状・メタルプレート・賞金・花束をいただきました。

自分にとっては2枚目のメタルプレート。

手に持った時の重さが感慨深かったです。

表彰式の最後に国旗掲揚と国歌が流れて1部が終了。

このあと場所を変えての立食パーティ形式の2部がはじまるのでした。

続きはまた次回。
関連記事

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017/7/20~FC2公式ブログとして活動させていただいております。

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

キャンペーン

現在開催中のキャンペーンです。
締め切りは8月31日まで。

IAPLC2017

Web page translation

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。

タグと検索


私のオススメ

私の作品が掲載されている本です。