暑い夏の日、一生懸命セミを追いかけて網を振り回していたあの頃。


セミを見ると自然と思い出す。


3135


思い出は、色あせない。


目をつぶれば、今でも沢山の思い出が浮かぶ。


あの時に戻れたら・・・って思う。


3136


でも、時は確実に、止まることなく進んでいく。


何があっても戻る事はできない。


3137


どんなに辛くても、下を向かずに上を向いていかなければならない。


それが生きるという事なのか。


そんな事を考える、ある夏の日。

関連記事
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
2011.08.16 (Tue) [ etc ] TOP▲