トップ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

2011 NAギャラリー その4

NAギャラリーのレポートも4回目となります。

オープンアクアリウムの良い所は圧迫感が無い所とメンテナンスがしやすい所とレイアウトを上から見れることだと思います。

正面からだけでは分からないことも上から見たらよく分かります。

特に石や流木の配置は正面から分かりにくい事もあるので、とても参考になります。

3073

綺麗に生え揃った水草を横からだけでなく、上から見るのもとても綺麗で素敵です。
入ってすぐ左に並んでいる5つの水槽(90cm×45cm×45cm)。

後ろの有茎草はトリミングしてあります。

3072


最初の写真で上から撮った水槽です。

綺麗に刈り込まれていますね。

3074

私はこういう石の存在感を強く出すレイアウトが好きです。


尖った石の石組みレイアウト。

3075

左側に写っているのはエサが入っているフードグラスです。

ここの魚はみんな慣れているので、水槽の上に手をかざすとエサがもらえると思って一斉に寄ってきて面白いです。


この水槽も後景はトリミング済みです。

前景も手前数センチはごっそりと取り除いてありました。

3076


この水槽のモスは枝垂れるタイプのモスを流木に巻きつけてあり、退廃的なイメージを感じました。

3077


この水槽(90×45×60)の左にウォーターフォールがあります。

⊿構図で切り株をイメージしているのでしょうか、細かく作られている感じは好みです。

3078

少し斜めから見ると流木の飛び出ている位置が良く分かると思います。

3079


その隣にある180×60×60の水槽。

その時の水草の状態もあるので常にベストとは言えないと思いますが、自分的に今回のレイアウトでは一番かなと感じました。

3080


その隣にある60×30×36水槽。

この水槽は今月号のアクアジャーナルに出ていた水槽です。

3081

私はギャラリーに行った翌日に今月のアクアジャーナルを買ったので、この水槽が雑誌の企画水槽だという事は後から知りました。

現場で見た時、色彩が綺麗でいいレアイウトだと思いました。

私はこういう多種類で色彩の鮮やかな有茎草は、横よりも上から見るほうが綺麗で好きです。


その隣の180×60×60水槽。

120cmでも似たようなレイアウトがありましたね。

こちらは向こうをさらに細かく手を掛けたような感じ。

3082

アクアジャーナルのバックナンバーの隣にある60×30×36水槽。

この水槽は水草も綺麗ですが、泳いでいるチェリーバルブが凄く綺麗でした。

3083

この水槽(60×30×36)も今月のアクアジャーナルに出ていましたね。

3084

もう一つの水槽と比べると地味ですが、玄人好みのするレイアウトだと思います。

自然感はこちらの方がいいかなと感じます。


ナローが素晴しい水槽(180×60×60)。

3085

後景の有茎草がトリミングされたばかりだったのでイマイチでしたが、有茎草が生え揃っていれば一番良かったかも。

もうちょっとだけ続きます。
関連記事

aquafox

FC2公式ブロガーです。

2017年7月からFC2公式ブログとして活動させていただいております。

私のブログを見て、一人でもアクアリウムに興味を持ってくれる方がいれば幸いです。

©2007 FOX SENCE

キャンペーン

現在開催中のキャンペーンです。
締め切りは8月31日まで。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


IAPLC2017

Twitter

Web page translation

メールフォーム

このブログの感想、何か気になることや分からない事、見て欲しい物やアドバイスが欲しいなど御座いましたら、こちらから送って下さい。
ブログで採用された方には何か素敵な物を贈らせて頂きます。

名 前:
メール:
件 名:
本 文:

画像はアップロードしたファイルのURLを貼って下さい。

ブログランキング

  いつも応援ありがとうございます。

タグと検索


私のオススメ

私の作品が掲載されている本です。