2994

買ってしまったのであった。


ニコンの純正のハンドストラップ、HSBKです。

バッテリーグリップを取り付けた後、次はハンドストラップをつけようと思いました。

純正やサードパーティでもハンドストラップは沢山ありますが、色や留め具に不満があったりで中々好みの物がありませんでした。

そんな時、このHSBKが発売されると知り、予約をしてずっと待っていました。

で、発売日の翌日の今日届いたのです。


HSBKの全体の形はこうなっています。

三点で手首を固定してホールドするようになっています。

2995

表面のロゴがある部分は合皮ですが、質感的にはカメラのグリップと丁度いいです。

それと印象的なのが赤い部分です。

ニコンの一眼レフでは赤いワンポイントは必須ではないでしょうか。

この赤い部分ですが、合皮の下で二層構造になっていて、写真のように余ったストラップを差し込めるようになっています。

裏地ですが、ベロア素材で肌触りはとても良いです。

2996

留め具にもNikonのロゴが入っています。

ネジはオスメスになっていますので、わざわざ外すことなくストラップを取り付けたまま三脚に乗せる事が可能です。

2997

留め具は両側にストラップを通せるようになっているので、長さの都合で入れ替えて使えそうです。

本体に通す際、ストラップの先端が写真のようになっているのですごく通しやすいです。

2998

些細な事ですが嬉しいですね。

このストラップの金具は写真のように穴があいています。

2999

この穴はネックストラップを通すためにある物で、このHSBKを取り付けたままネックストラップを使用できます。

外さずに色々な状況に対応できるのは便利ですね。

カメラに取り付けるとこのような感じになります。

3000

う~ん、重量感たっぷり。

とてもD40には見えませんね。

ちなみにレンズですが、いつもブログの写真や水槽の撮影に重宝しているSIGMAの30mm F1.4 DC HSMです。

バッテリーグリップを外してセットするとこのような感じになります。

3001

本体が小さいからグリップの存在感が強くなりますね。

手を入れるとこんな感じ。

3002

素で持つよりも安定感が出てイイ感じです。

ベルトをしっかりと固定すれば指を離しても落ちないです。

説明書には余ったストラップは合皮と赤の間に差し込むように書いてありますが、個人的には赤の部分が目立つ方が好きなのでこのように重ねてしまっています。

3003

グリップ、接眼レンズに続き、カメラがパワーアップしてとてもイイ気分なのでした。



関連記事
ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
2011.05.28 (Sat) [ etc ] TOP▲