6月に入りました。

猛暑日に迫る暑さの中、入梅の足音が聞こえてきました。

日差しの強いのも辛いですが、蒸し暑いのはもっと辛いですね。

気候の良い春が懐かしいです。


さて、毎年の事ですが、6月はコンテストのプレッシャーから解き放たれるので気分がグダグダになります。

水槽をほったらかしてアオミドロが出やすかったり、水草が伸び放題になったり。

気温も高くなり、暑くなってくると水槽の魚や水草も調子を落としますので、ファンを付けるなどして対応しましょう。


今月の写真は、コンテストに応募した水槽の中の石の上でくつろぐ『彼』です。

魚が泳いでいなければ陸上と見間違えてもおかしくない感じ。

こんな場所でのんびり出来たら幸せでしょうね。

2014-06


そんな良さげな場所ですが、なんとかやる気を出し、今月中にはレイアウトを変えたいなぁと思っております。

多分、無理な気がするけど・・・。


ダウンロードは画像をクリックして、マウスの右クリックから”名前を付けて画像を保存”を選んでください。
2014.06.02 (Mon) [ calendar ] TOP▲
写真は30cm水槽の水上で咲いているハイグロフィラ・ラトナギリの

5344

マクロで撮っていますので大きく見えますが、実際は1cmほどの小さい可愛らしいです。

咲いている時は良いのですが、咲き終わると後ろでボケて写っていますが、枯れて水面に落ちます。

これが沢山咲いていると・・・、後が面倒だったりします。

で、コンテストの応募も終わり、今まで全然面倒を見ずにアピストだからブラックウォーターでもいいよねって自分を言い聞かせてきたのですが、さすがに水が茶色すぎだとお世辞にも綺麗とは言えないわけで、もう少し何とかしようと重い腰をあげたわけです。

で、水を換えた後にこれに気が付いたわけですよ。

5345

アクアリウムをやっている人なら誰でも一度は見た事があるでしょう黒髭藻です。

緑色だとなんだかマリモの親戚みたいでイイ感じなのですが、黒だと美しさの欠片も見られません。

で、これが流木に部分的に付いていたり、砂利に付いていたりするわけです。

普段はあまり写真を撮らせないミニブッシープレコが写真を撮らせてくれたのですが、後で見たらラムズの抜け殻と黒髭がここにあるよと言わんばかりの写真でした。

5346

この表情はまるで、「たまには掃除しろよ」と言っている様な感じ。

言葉が重いですね。

そんなこんなで、久々にこれが登場したわけですよ。

5347

百聞は一見に如かずという事で、言うよりも見てもらえれば一目瞭然。

細いホースの先に先曲がりピンセットをゴムで固定した物です。

これで黒髭藻を除去するわけです。

今までも何度か登場していますが、過去記事を見ていない方を対象としていますので、ご理解とご協力をお願いします。

で、このピンセットは基本的に摘む物ですが、メンテ道具の良い所として、”摘む”の他に”擦る”こともできる事です。

黒髭藻は頑固に流木に付いていますので、摘むのではなく、先端をうまく使って擦り落とします。

で、ここがポイントですが、擦り落とした黒髭藻は一片残さずホースで水槽の外に排出します。

黒髭藻は水中を舞って他の場所で増えてしまうので、落とすだけではなく、出すという作業も必要なのです。

これをしないといつまでも追いかけっこが終わりません。

できる事ならば黒髭藻の巣を見つけてやっつけると一気に量が減ります。

流木が終わった後は砂利なのですが、ピンセットで摘んで外に出してもよいし、ホースの中を通りそうなら水と一緒に外に出してしまってもOKです。

ついでに水換えも出来てしまったので、減った分を足してメンテ終了。

5348

久々に綺麗になりました。

グダグダと書きましたが、ガラスをメラミンスポンジで擦って綺麗にして、水換えして、黒髭藻除去して、減った分の水足して、増えすぎたモスを部分的に取り除いたぐらいです。

お店にある物なのでなるべくいつもこうにしておきたいですね。

コンテストも応募が終わって落ち着いたし、これからはもうちょっとメンテを頻繁にできそうです。

彼と彼女は水が茶色でモスがモッサモッサしている方が落ち着くのかもしれませんけどね。

5349

そんなこんなでヨロシクー。
2014.06.07 (Sat) [ aquarium ] TOP▲
昨日、駒草園にアクアジャーナルを買いに行ってきました。

10日前だったので、4月と5月分を買いに。

それと、今月号は入荷が早かったようで225号を買えました。

5350

今月の特集は侘び草でした。

侘び草は有茎草、ロゼットの物から前景草の物までラインナップが多く、簡単に綺麗なレイアウトが作れるスグレモノですね。

キューバパールグラスの急斜面などは初心者の方には難易度が高いので、これを使えば簡単に出来てしまいます。

ちなみにうちには 私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.) の遊@危さんから頂いた侘び草があります。

それを、のんびりAqua Life…ののんびりアクアさんから頂いたプラントグラスのカラフに入れてあります。

5352

おかげさまでうちのお店の窓辺はとても華やかです。

以前も書きましたが、私のアクアライフは多くの方の善意で成り立っております。

ありがとうございます。

下の写真は侘び草で咲いているロタラ・インディカのとハイグロフィラ・ラトナギリの

小さくて可憐なです。

5353

水草は水中と水上、全く違った顔を見せて楽しませてくれるのがいいですね。

今はまだ少ししか咲いていませんが、これから沢山咲いてくれるだろうと期待しています。


それと、昨日買いに行ったはずの、アクアジャーナルの4月号と5月号ですが、私の伝え方が悪かったようで、4月号は注文されておらず、5月号は売り切れ・・・ていて買えませんでした。

今度はしっかりと伝えたので次回は買えるはずです。

今回の件で言葉は相手にきちんと伝えないといけないなと改めて反省しました。

5351

お店で構図素材をいじりながら来年のコンテストの構想をいろいろと練ってみました。

苔石、山水石、渓石、ブランチウッド・・・。

一つの素材を色々な角度から見ながらあーでもない、こーでもないと色々と考えました。

結果としては何も決まらなかったのですが・・・。

水草水槽を始め立ての頃は次から次へとやりたい事が出てきて、アイディアが泉のように湧き出てきたので困らなかったのですけどね・・・。

生みの苦しみってヤツでしょうか。

でもまぁ、まだ時間はたっぷりとあるし、これからじっくりと色々な物を見て考えていこうと思います。
2014.06.10 (Tue) [ aquarium ] TOP▲