うちのバイカラーのアグラオネマに花が咲きました。



白い部分は雄しべで、雄しべの下に黄色い雌しべがあります。





アヌビアスの花に似ていますね。

ちなみにこの写真は100円均一で試しに買ってみたマクロレンズを使いましたが、顕微鏡か!ってぐらい近付かないとピントが合いません。

これなら画素数を上げて後からトリミングした方が良いかなと思いました。

左がマクロで、右が広角。



クリップ式で扱いやすく、見た目は立派。

広角レンズも試し撮りしてみました。



歪みがかなり出てしまうので普段使いには厳しいかな。

水槽にくつければ歪みは気にならないかなと思って撮影しようと思ったけれど、レンズが出っぱっているので端に写り込みが出てしまいます。



ワイド感は出せますけどね。

好みでこういう写真が好きとか、卓越した写真スキルがあれば使える場面はあると思います。

折角買ったし、マクロも広角もダメ元で色々と試してみようと思います。

見せられる写真が撮れたら載せますけど、期待しないでお待ち下さい。
2016.07.27 (Wed) [ flower ] TOP▲
カエルの水槽で育てているジュエルオーキッド・ルディシアの近況です。

調子が上向きになってきて3枚目の葉っぱを展開しだしました。



たまにカエルに押し退けられているようですが、負けずにどんどん大きくなって欲しいです。

ちなみに、横にあるマコデスもゆっくりですが、新葉を展開しだしました。

これらのジュエルオーキッドは、雑誌に出たときに丸い器に入っていたものを株分けしてきたものです。

元の器は現在このような感じ。



株分けして少なくなりましたが、調子がイマイチです。

もう少し様子を見ていこうと思っています。

それと、株分けした際に小さな芽があったので、苔玉にして育てています。



育つか心配でしたが、なんとかなりそう。


で、ルディシアは去年に苔玉にしてダメにしてしまったものがあったのですが、根を残しておいたら新芽を元気に吹いてきました。



既に3枚の葉を展開しています。

写真には写っていませんが、下の方からも新芽が出てきているので、今後が楽しみです。


一度は調子を崩して諦めたジュエルオーキッドですが、復活してくれて良かったです。

植物の生命力って本当に凄いですね。
2016.07.10 (Sun) [ flower ] TOP▲
今日はうちにあるチランジアを紹介します。

チランジアというのはいわゆるエアプランツのことです。

最近、人気があるようで園芸店に行くとたくさんの種類が売られています。


まずは先日、リニューアルしたベルツノガエルの水槽に入っているチランジア。



ブラキカウロスとフックシーと少しだけウスネオイデスが入っています。

水やりはスプレーで他の植物と一緒にしています。

小さいブラキカウロスが可愛くて気に入っていて、早く大きくならないかな~とか思っておりますが、照明が蛍光灯なので生育はかなり遅いと思われます。

入れ物が小さいからまぁいいのかなと。


続いて、壁掛けにしてあるチランジアたち。



自分で木の皮を加工して土台を作り、そこにチランジアを縛り付けてあります。

カプトメデューサエ、ブッチー、イオナンタなど。

先ほどのカエルの水槽よりは明るい室内の光で育成しているのですが、やはり生育は遅め。

でも、調子は悪くないみたいです。

水やりは壁から外して水スプレーでシュッシュッしてます。


最後は水上育成しているチランジアたち。



90cm水槽の水上部に飛び出ている流木の上で育成しています。

センターに配置しているブラキカウロスは照明がソーラーⅠなので絶好調です。

根もグングン伸ばしています。

さすがメタハラです。

水やりは魚のエサやりの時に、水槽の水をスポイトで掛けてあげています。



チランジアと言うと、水はやらなくていいと思っている方が多いようですが、植物ですから水は必要なのです。

ここは水が豊富な場所で明るさも充分。

チランジアにとって、水槽の水上は最高の環境かもしれませんね。

まだ花は咲く気配がありませんが、早く咲いたらいいなぁと思っています。

水槽は水中だけではなく、水上も有効利用すると楽しさ2倍です。

皆さんも機会があったら是非試してみてくださいね。


チランジアは他にもちょっとありますが、またの機会に。

以上、うちのチランジアでした。
2016.06.16 (Thu) [ flower ] TOP▲