前回の俺のテラリウムに続き、今回から俺の水草水槽をつくります。

今回は準備から制作まで順に追っていきますので、数回に分けて記事を書こうと思います。

今回は水草水槽を立ち上げるために必要な器具からです。


まずは水槽です。

水槽にはガラスとアクリルの二種類があります。

ガラスの良い所は丈夫なところですが、サイズが大きくなると重くなるという欠点があります。

ですが、一般的な家庭で使うサイズだと主にガラスです。

アクリルは加工が容易なのと、重さが軽いので大きな水槽に使われることが多いです。

ネックとしては柔らかいので傷がつきやすいということがあげられます。

今回使う水槽のサイズは幅45cm、高さ30cm、奥行き27cmのオールガラス水槽です。

010101

昔はステンレスやプラスチックの枠のある水槽が主流でしたが、現在はこのガラスをシリコンで繋ぎ合わせたオールガラスの水槽が主流です。

サイズは初心者の方の場合、通常の60cm水槽がサイズ的にも予算的にも丁度良いのでおススメです。

小さいと簡単だと思いがちですが、水草水槽の場合、水の量が少ない分汚れやすかったり、トリミングが忙しかったりと初心者向けではありません。

水槽台ですが、今回はスチールの2段式の60cm水槽用を使っています。


次は照明。

下の写真、手前がLEDで奥が蛍光灯です。

見てもらえばわかる様に、LEDがスマートなのに対し、蛍光灯はどうしてもサイズが大きくなってしまうのがネックです。

LEDの光が直線的なのに対し、蛍光灯の方が光が拡散されるので、全体的に明るく見えるような気がします。

蛍光灯は近い将来無くなるもので、消費電力や世の中の流れから、水槽業界もこれからはLEDの時代です。

010102

同じLEDでもメーカーによって色温度や明るさなど違いがありますので、自分の水槽に合った物を選びましょう。

魚の水槽であれば1灯でも良いのですが、水草水槽の場合は光が必要なので前後に1灯ずつ計2灯置く方がベターです。


次にフィルター(濾過槽)です。

フィルターは投げ込み式、上部式、底面式、外部式と色々ありますが、今回使うのはエーハイムのアクアコンパクト2005です。

このフィルターは投げ込み式と外部式のハイブリッド仕様となっていて、モーターは水中部にあり、フィルターは外に設置します。

010103

水草水槽の場合は水中の二酸化炭素を逃がしたくないので、水中モーターの投げ込み式か底面式、外部式、もしくはこのアクアコンパクトの様な水中モーター+外部式などの形がおススメです。


次は底床。

砂、砂利、土など色々な物がありますが、水草水槽の場合は栄養素を含んでいる土のソイルがおススメです。

ソイルにも肥料分の多い栄養系と汚れや色素を吸いつける吸着系がありますが、水草水槽の場合は栄養系の方が水草は育ちやすいです。

ただ、肥料分の多いタイプですと余った肥料分が苔の栄養になり、水槽の富栄養化を防ぐための水換えが忙しくなるので、初心者の方には肥料分の多すぎないソイルがおススメです。

今回はADAのアクアソイルアマゾニア・ライトを使います。

010104

このソイルは通常のアマゾニアよりも肥料分が少なく苔が出にくいのでオススメです。

それと、ソイルだけではなく化粧砂と化粧砂利も使います。

ADAのラプラタサンドとアクアグラベルです。

010105

ラプラタサンドは明るいベージュの化粧砂で、アクアグラベルは小粒の砂利です。

この2種類を組み合わせて雰囲気の良い感じを作ろうと思います。


お次は二酸化炭素(CO2)です。

水草水槽において二酸化炭素は切っても切れない縁がありまして、これが通常の魚の水槽と違うところでしょう。

今回はアクア通販大手のチャームで販売されているCO2フルセッのトBセットを使います。

010106

このBセットには必要な器具が全て揃っていて、とてもお得なセットになっています。

これに付いてはまた後で詳しく書こうと思います。

中身が気になる方はアマゾンの方で確認してみて下さい。



あとは石や流木などの構図素材と植える水草。

今時期は必要ありませんが、暑い時期はファンやクーラー、寒くなってきたらヒーターを使います。

小物なども必要になった時にまた記事にしようと思います。

次回の制作編に続く。

ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
2017.06.26 (Mon) [ aquarium ] TOP▲
今回立ち上げた俺のテラリウム

上は植物、下はフグ。

2種類の楽しみ方が出来る水槽になっています。

17062212

今日はこのフグテラ水槽の植物を紹介します。

まずは存在感抜群のシダからです。

17062206

波打った葉が特徴的なシダですが、名前が非常に長いです。

フィリテス・スコロペンドリウム・アングスティフォリア。

舌を噛まないようにお気を付けください。

その反対側にあるシダ。

17062207

こちらの名前は若干短めですが、ドリオプテリス・レピドポダと言います。

このシダは環境によっては綺麗に赤くなるそうです。

どちらも耐寒性が強く、屋内外どちらでも育成できます。

ウィローモスマットには木の根を模した枝を配置して、その間に数種類の草が配植されています。

17062208

真ん中から左上にかけてあるものはアヌビアスナナ・プチです。

分かりにくいですが、ナナプチの下にはブセファランドラやミクロソラム、ボルビディスの水上葉があり、シダの根元付近にはオーストラリアン・ドワーフヒドロコティレとかパールグラスとかジュエルオーキッドとか植栽してあります。

左のシダの右にある物はハイグロフィラ・ラトナギリの水上葉。

左上にはチランジアを3種類ほどまとめてみました。

17062209

その下にある長い葉はシペラス・ズラムというもので、水辺の演出になるかなと思って置いてみました。

反対側にも同じものがあります。

左側のシペラスは流木の間に挟みこんでいて、右側はアルミのワイヤーでハンガーを作り吊るしてあります。

17062210

流木の付け根付近には自作の詫び草が置いてあります。

自宅のビオトープから持ってきたロタラの水上葉とコブラグラスの水上葉を巻いています。

緑一色では落ち着いた感じになりますが、有茎草があると賑やかな雰囲気になりますね。

下に何もない分、上にいっぱい植えてみました。

17062205

二酸化炭素の添加はありませんので、誰でも気軽に出来るようなシステムになっています。

下はフグ水槽ですが、化粧砂を薄く敷いてあるだけなので、コリドラスとか金魚とかメダカとか水草が無くてもいい種類なら何でもいけそうです。

これからきちんと維持していけるか分かりませんが、なるべく長く楽しんでいきたいと思っています。




ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
2017.06.23 (Fri) [ aquarium ] TOP▲