うちのお店の待合所に置かれている60cmのスリム水槽が、現在の石組レイアウトにしてから一年経過しました。

20170316103832935.jpg

このレイアウトは当初流木のレイアウトだったのですが、イマイチパッとしなかったので素材の入れ替えで石組レイアウトにしました。

丁度アクアプランツの取材も重なり、本に出たりもしました。

20170316104032942.jpg

一年と言うと長いですが、過ぎてみるとあっという間ですね。

この様なシンプルなレイアウトにはコンテストの様な派手さはありませんが、毎日見ていても飽きないし、メンテナンスも楽だし、長期間維持するのにはうってつけなのだと思います。

だから、コンテストは手間暇掛けて作り込みを楽しむ世界で、それ以外は手間が掛からなくて見ることで癒されるレイアウトにすると、飽きずに長く楽しめて良いのかなと。

その辺りのオンとオフの使い分けが大事です。

現在はこの様なレイアウトになっています。

20170316103859153.jpg

トリミングをした後に撮影をしたので有茎草の調子はイマイチ(特に赤系)ですが、基本的な形は変わっていません。

若干石が増えていますけど。

雑誌に載った時は右下がりの三角構図でしたね。


水草の植栽で構図を変えられるのもこういうシンプルさ故の長所だと思います。

後ろに外掛け式の産卵箱のサテライトがぶら下がっていますが、中にはちょっと前にこの水槽で生まれたグッピーの赤ちゃんが30匹ほど入っています。

ちょっと前までグッピーをペア飼いしていたのですが、今は♀が死んでしまったので♂は30cm水槽の方に移しています。

何も居ないのも寂しいので、コンテスト水槽に入っていたカージナルテトラを連れてきています。

あと、メンテ要員でミニブッシープレコやエビなどが入っています。

20170316104007324.jpg

長期間維持していると、どうしても有茎草は下葉が枯れてきて弱くなってしまうので、植え直しをしないといけなくなります。

前景草も目詰まり気味になるとコケが付きやすくなるように感じます。

クリプトコリネもじわりじわりと増えてきているので間引かないといけないのですが、、、。

20170316103916715.jpg

1年経つし、リセットしても良いのですが、このレイアウトに飽きているわけではないので植え替えやソイルの入れ替えをしながら、維持していこうかなと思っています。

個人的に長期維持に拘りはありません。

やりたい事があればやればいいと思うし、維持したければ維持すればいい。

なので、何かやりたい事が出てきたらリセットしちゃいます。

でも、今はもう少しこのレイアウトで楽しませてもらおうと思っています。

2017.03.17 (Fri) [ aquarium ] TOP▲
ご無沙汰しております。

今月2回目の更新になります。

世間ではゴールデンウィークも終わり、通常の生活に戻られている方も多いと思います。

私は基本的に祝祭日一切関係ない仕事でお休みは定休日だけですので、連休中のテレビの渋滞情報を見て毎年驚かされています。

長い渋滞の長時間の運転お疲れ様でした。


で、ここからが水槽の話題です。

今月末が世界水草レイアウトコンテストの締め切りなので、なんだか気忙しいです。

水槽内の水草をトリミングしたり、石や流木の配置を見直したり。

今更できることなんて、多寡が知れていますが、チマチマと調整しております。

今回は例年以上に最後まであきらめずに頑張ろうと思っています。

皆さんもあきらめずに頑張って下さい。


写真がないのも寂しいので60cmスリム水槽の近況を。

石組み水槽の中を泳ぐカージナルテトラ。

16051203

群れて泳ぐ姿はいつ見ても綺麗で好きです。

これだけは始めてからずっと変わらないです。


ヤマトヌマエビ(アマノシュリンプ)もよく働いてくれています。

16051201

このエビの水草水槽内での功績はとても大きいと思います。

16051202

ただ、メスは大きくなるので、ちょっと存在感ありすぎなのが玉に瑕でしょうか。


出水パイプにポピーグラスを使っています。

透明なガラスは綺麗だし、水流が弱くなるのがとても良いと思います。

16051204

ただ、大型水槽用のサイズなので、この水槽では大きすぎですね。

もう少しガラスの美しさを堪能したら、エーハイムのフレキシブル出水口に戻しましょう。


今月は更新が滞りがちですが、またお時間があったら覗きに来てみて下さい。
2016.05.12 (Thu) [ aquarium ] TOP▲
写真は60cmスリム水槽の中を泳ぐ昭和三色ソードテールです。

2016021601

当初購入した2ペアから♂が2匹とも飛び出して死んでしまうという悲劇があり、残った♀2匹のうち一匹が性転換して♂になってくれたらいいなぁなんて思っておりましたが、いつなるか分からないものを待つというのも精神衛生的によろしくないと判断し、新たに♂を一匹お迎えました。

写真ではボケていますが、奥に写っている個体です。

まだ小さいのですが、今後に期待です。

因みに、水槽は現在このようになっています。

2016021602

ちょっと前と見比べて直ぐに分かると思いますが、流木の置き方を変えてみました。

入れた時は浮いてしまうので自由に置けませんでしたが、もう水も染み込んで沈むようになったので好きに置けるのです。

真ん中のメインの流木に被さる様に置きました。

横から見るとこんな感じです。

2016021604


最初の頃より自然ぽいかな。

自分としては前景のキューバパールグラスがイマイチなのが気になっておりますが…。

奥にある侘び草もかなり茂ってきました。

2016021603

元気に飛び出ていた有茎草は、写真を撮る前に軽くトリミングしてあります。

単植もいいですが、侘び草のような混植は彩りが楽しめていいですね。

2016021605

パッと見、これで完成ぽいですが、まだクリプトコリネが伸びてきていないのです。

クリプトコリネが元気に葉を伸ばすと綺麗なのでそれが楽しみ。

ただそうなるまでには時間がまだ掛かりますから、先の長い話です。

まぁ、水草レイアウトってのは終わりのない趣味だから楽しいのですけどね。

作って終わり、描いて終わり、クリアして終わり、とかじゃなく、自分が飽きたり、やめたりしない限り続けていけるから良いのです。

相手は自然ですから、自分の思うようにいかないことが多々ありますが、逆にそれがまた楽しいと思うのです。

先が見えて何でも思うように行けばそれはそれで楽しいと思いますが、それでは味わえない楽しさがあるのです。

2016021606

予想できない所に予期せぬ感動が待っているのです。

でも、上手くいかないときは楽しさを感じることは難しいかもしれません。

ですが、それを乗り越えて上手くいった時は何物にも代えがたい楽しさを感じられます。

ですから、これから水草レイアウトをしてみたいと思う方には、この『思うようにいかない楽しさ』と言うものを理解して水槽と向き合って欲しいなと思います。
2016.02.17 (Wed) [ aquarium ] TOP▲