今年の世界水草レイアウトコンテスト(IAPLC)に応募した作品です。

iaplc2016

作品タイトルは『原風景Ⅱ』。

サイズは幅90cm、奥行き45cm、高さ45cmです。

写真と比率が合いませんが、底床が10cm以上ある(あるというよりも堆積してこうになってしまった)のでこの様になっています。

作品のモチーフは昨年の今頃訪れた『妙技神社』で見てきた景色です。

お時間がございましたら、下記のリンクからどうぞ。

妙技神社で紅葉狩り~前編~
妙技神社で紅葉狩り~後編~

世界ランキング22位という素晴らしい順位をいただきましたが、これに満足せず来年は更に上を目指して頑張ろうと思っています。


今年は作りこんだ作品がとても多かったと思います。

自分もやりこんだ方かと思いましたが、外国の方はさらに凄かったです。

でも、やっている自分が言うのも難ですが、作りこみ過ぎるレイアウトはそろそろ食傷気味になってきた感があるように感じます。

もう少し楽に見てもられる作品作りができたら良いかなと思い始めています。

作りこむのはとても大変な労力がいります。

でも、実は作りこまない作品で素晴らしい作品を作る方が難しいのです。

誤魔化しがききませんから。

そういう作品を作れるようになれば、私も一流になれるのかもしれないかなと思っています。
2016.10.11 (Tue) [ aquarium ] TOP▲
10月1日、新潟県のホテル日航新潟 4Fの 朱鷺の間でネイチャーアクアリウム パーティ 2016(以下NAパーティ)が開催されました。

私は今年の世界水草レイアウトコンテスト(以下IAPLC)で2336作品中22位(優秀賞)という素晴らしい成績を頂けたので、参加させていただきました。

NAパーティは東京開催と合わせて参加させていただくのは今回で5回目。

新潟は初めてだったりします。

前社長の天野尚氏が昨年お亡くなりになってから初めてのNAパーティで、前社長がいないのは寂しいですが、国内にいるアクアリストや外国からくるアクアリストに会えるので、ワクワクして前の日は中々寝付けませんでした。

100201

朝6時59分の新潟行の新幹線に乗って行きました。

NAパーティの受付は12時30分からなので、そんなに早く行く必要はないのではと思われたと思いますが、ちょっと寄り道をさせていただくために朝一の新幹線に乗り込みました。

群馬を出る時は天気がどんよりしていたので心配でしたが、新潟の空は青空が見えてホッとしました。

100202

このまま燕三条で下車。

午前中の話はこの後の記事で書かせていただきます。

で、12時30分にホテル日航新潟の入口に到着です。

今回のキーワードの『YOUR GREEN OUR WORLD』の看板がよく目につきます。

100203

ここから入って4階までエスカレータで行きます。

途中で間違ってエレベーターに乗ってしまい、1階に戻ったのはナイショ。

受付で参加者プレゼント(トートバック、メモ帳、バッジ、水)と名札をもらって会場に入場。

a004

早くきたつもりでも会場内にはすでに沢山の人、人、人。

上位入賞者は指定席なので、前列にあのコップのフチ子改めOL人形(只今改名中)で有名なタナカカツキ先生がいらっしゃいました。

その左にいるのはアクアスピリッツ根岸の大御所の板倉さんです。

超ベテランと超新星のすごい組み合わせですね。

カツキさんの右にいるのは京都精華大学水槽学部のMAX部長さんです。

この後、グランプリチャンピオンの深田さんと過去に天野尚賞をもらったことがある凄腕レイアウターの渡邊さんなどスゴイ方たちと雑談をさせてもらいました。

短い時間でしたがすごく濃かったです。

そろそろ始まるということで、席の方へ向かうと、横にいるのはH2の半田さんと馬場さんじゃありませんか。

半田さんは私の心の師匠なのでお会いできて感激です。

今年の優秀賞の日本人は私と半田さんだけです。

半田さん、おめでとうございます。

馬場さんはテレビで見たことがあり可愛らしい方でしたが、実物はさらに可愛かったです。

女性アクアリストが活躍してくれるとこの世界もさらに活性化してくるでしょうから、馬場さん他会場でお会いした女性アクアリストには是非とも頑張って業界を盛り上げていただきたいなぁと思いました。

さらに右横には兵庫県の水草工房finの福島さんがいらっしゃいました。

福島さんのところは夏に大改装し、お店がすごくなったので、お近くの方は是非行かれてみては如何でしょうか。

私も近ければすぐにでも行きたいです。

後ろにはブラジルの友達がいて軽く挨拶。

会場が暗くなり、前のスクリーンに映像が映し出されてNAパーティ開始です。

100205

毎度の事なのですが、この動画がいつも綺麗で素晴らしいと思います。

100206

ポルトガルのリスボンの水槽も映されていましたが、あそこはすでにもう自然そのものと言っていいクオリティですね。

メンテナンスは大変な作業ですが、スタッフの方には是非とも頑張ってネイチャーアクアリウムの素晴らしさを世界に発信して欲しいです。

そんな素晴らしい動画が終わると、新しく社長に就任した前社長の奥様がご挨拶を。

100208

社長業は色々と大変な事が多いと思いますが、頑張って会社を存続させてほしいと思います。

この後ちょっとご挨拶があってからすぐに入賞者から作品発表へ。

ちなみに入賞者は会場に来ている方だけの発表となっております。

127位から前のスクリーンにどんどん映し出されていきます。

見ながらいつも以上にレベルが高いのでびっくりしました。

ちなみに見入っていて写真は撮っていませんでした。ゴメンナサイ。

で、表彰式へ。

まずは入賞者から、国内と国外の入賞者代表が前に出て受け取ります。

左はブラジルのフェルナンドさんで右はMAX部長さんです。

100209

ブラジルは日本の裏側で、そこから参加されるのだからすごいですね。

お二方、おめでとうございます。

この後優秀賞は2回に分けて授与です。

自分は最初に受け取る方でした。

写真がないので、もし撮影された方がいらしたらメールで送ってやってください。

二回目は全員外国の方でシンガポールの方が一人であとは全員中国人でした。

100210

今回の中国勢の作品はどれも綿密に作りこまれたスゴイ作品でした。

自分も結構作りこんだ方だと思ったのですが、彼らの作品はさらに作りこんであって凄かったです。

中国の市場は今水草がブームだそうで、今後ますます発展してくるでしょうから日本も負けずに頑張らないとですね。

優秀賞に入られた皆さん、おめでとうございます。

ここから銅賞の表彰式ですが、銅賞の受賞者は二人とも外国の方で会場に来ていなかったので撮影済みの動画で受賞の喜びを報告。

銀賞から花道を歩いて入場してきました。

本当にこのベテランと新星が並んでいる姿はスゴイ光景だなあと思いました。

100211

変わらないスタイルと前衛的なスタイル。

一つのスタイルだけでなく、色々なスタイルが上位にあるということは、どのようなスタイルでも賞を目指せるということだし、とても良いことだと思います。

他のレイアウトを批判したくなる気持ちも分からなくはありませんが、それよりも自分のスタイルを突き詰めることの方が大事なのではないのかなと思いました。

今回の板倉さんの受賞は無欲の受賞でしょうね。

カツキさんのスタイルは誰もマネの出来ないスタイルで、よく考えたな~と圧巻のレイアウトでした。

アイディアもあり、レイアウトの技術も素晴らしい。

カツキさんの来年の作品が今から楽しみです。

二人ともおめでとうございます。

2位は中国の王超さん。

100212

まぁよくこれほどの物をつくったなと言う夢で見た素晴らしい世界を再現したレイアウトでした。

2位の副賞30万、良いですねぇ。

来年はさらにスゴイ物が出てきそうです。

おめでとうございます。

で、最後に2連覇でディフェンディングチャンピオンの深田さんの登場です。

100213

昨年もグランプリでしたが、昨年は表彰式がなかったので、実質初めてのお立ち台です。

100214

賞状、盾、花束、冠、完全装備です。

ちなみに、今回(前回?)から銅賞より上の盾はガラスのプレートに変わった模様です。

賞によってグラデーションの色が違うみたいです。

優勝賞金100万円!!

100215

来年こそは!!…と言い続けて11年・・・。

まぁ私も優秀賞の賞金10,000円をもらったので、今度祝勝会がてら家族に焼き肉でもご馳走して今後の理解を更に深めようと思っています。

このパーティで君が代が流れたのはいつ以来でしょうか。

100216

日本人として、国家を耳にすることは自分の国の誇りを感じさせてくれます。

また来年も君が代を流せるように頑張ります。

何よりも深田さん、おめでとうございました。

また来年も素晴らしい作品楽しみにしています。

最後に上位入賞者だけで撮影会。

100217

みなさん、おめでとうございます。

ちなみに私も2011年の時はあそこに入らせていただきました。

・・・以上、過去の栄光でございました。

ここで1部が終了。

2部の立食パーティの準備があるので、参加者は一時退場。

会場の外には、今回の参加者の写真プレートが飾られていました。

手前から二つ目の右上が私です。

100218

って、この写真じゃ見えませんね。

アップでご紹介。

こんな作品です。

100219

巨木2本を両脇に配置して奥行き感を意識したレイアウトです。

赤い有茎草をインパクトに使っています。

また応募作品は後で載せますので、そちらで見て下さい。

ちなみにこの写真パネルお土産にもらえたので、嬉しかったです。

この空き時間でしたが、グランプリチャンピオンはサイン攻めにあっていて大変そうでした。

行列のできるサイン会場みたいな。

100220

その姿を横目に見ながら、私は他の方と一緒にこのチャンピオンの花束の『ウネウネは何なのか』談議に花を咲かせていました。

100227

ウネウネ言っているだけで結論は出ないのですけどね。

二部は立食パーティということで、自分で取り分けて食べるビュッフェスタイルです。

一昔前はバイキングという言い方をしていたように感じますが、最近はオシャレにビュッフェということが多いそうです。

確かにホテルの食事でバイキングというよりはビュッフェという方がおさまりがよいですしね。

ADA専務取締役の大岩さんがご挨拶。

100221

大岩さんも海外を飛び回ったり大変だと思いますが、お体ご自愛ください。

この後乾杯をしてから食事でしたが、普段会えない人たちと沢山お話をさせていただいたり、写真を撮らせてもらったり。

結局、あまり食べられませんでした。

でも、少し食べましたが、さすがホテルだなと思う美味しさ。

100222

料理って大事だなって思いましたよ。

なお、盛り付けのセンスは持ち合わせていないので、あまり気にしない方向でお願いします。

最後は恒例の上を向いて歩こうを合唱して終了。

100223

クラッカーの破裂音が会場中に響き渡って、あっという間の4時間が終了。

出口ではADAのスタッフが全員でお見送り。

この後、2日目に参加する人はホテルに宿泊。

私のように日帰りの人はお開きです。

終わってみて、お会いできなかった人が国内外を問わず結構いました。

非常に残念ですが、また来年お会いできることを楽しみにしています。


100224


ホテルから駅までタクシーを使おうかと思ったのですが、歩きで20分ぐらいだったので運動がてら歩いて帰路へ。

駅でお土産を買って帰りの新幹線に。

新幹線は混んでいなかったので、ゆっくりと作品集で他の方の作品と自分の作品を見て、一人反省会。

100225

来年は頑張っているつもり・・・じゃなくて、本当に頑張らないとダメだなぁという結論。

もう気持ちは来年のコンテストに向いています。

参加される地球上の皆さん、己のベストを尽くして頑張りましょう!

それと、今回のメタルプレートをアップで載せておきます。

100228

以前の物よりも高さはあるのですが、横幅がなくなりました。

で、先ほども書きましたが銅より上はガラスプレートなので、メタルは優秀賞だけですね。

プレートは通算3枚目ということで、また4枚目を目指して頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。


最後に、この日お会いした人、お会いできなかった人、パーティを主催してくれたADAの方たち、仕事を休ませてくれて快く送り出してくれた家族、すべての人に感謝します。

ありがとうございました。

また来年も素晴らしいパーティが開催されることを楽しみにしています。


次回はこの日の午前中の出来事をアップしますので、お楽しみに。
2016.10.02 (Sun) [ aquarium ] TOP▲
世界水草レイアウトコンテスト公式ホームページで今年の世界ランキングが発表されました。

右のバナーから公式ホームページに行けます。


16回目となる今年は、68の国と地域から、2,336作品の応募がありました。

現在、ブラジルのリオでオリンピックが開催されていますが、このコンテストは水草レイアウト界のオリンピックの様なものだと思います。

2016080801

世界中で同じ趣味を楽しめるなんて、とても凄いことだし、素晴らしいことだと思います。

だって、歴史や文化が違う国でも自分と同じように水草を植えたり、石や流木を悪戦苦闘しながら置いている人がいると思うと、地球って狭いなぁって。

アクアリウムを通じて世界が一つになれたら、これはとても素晴らしいことですね。

そんな素晴らしいコンテストに私は今回11回目の参加をさせていただきました。

毎年楽しませてもらえて幸せです。


今年はの日本の深田さんがグランプリを受賞しました。

深田さんは昨年に続き連覇になります。

スゴイ!!

深田さん、おめでとうございます。


どんな素晴らしいグランプリ作品なのか、見られる日が待ち遠しいです。

そのグランプリ作品を発表するネイチャーアクアリウムパーティは10月1日(土)に新潟で開催されることになりました。




まだ締め切りまで時間はありますが、定員もあるそうなので、行く方は早めに応募しましょう。

ちなみに私は行く予定です(交渉中)。

このパーティに参加すると、私の言っていることが改めてよくわかるのではないかなと。

2日目もあるので時間とお金に余裕のある方は参加してみるとさらに楽しいのではないかなと思います。




私の今年の世界ランキングです。




久しぶりにメタルプレート圏内に戻ってくることが出来ました。

毎年レベルが上がってくる中、このランキングを頂けた事は、とても素晴らしいことだし、嬉しいことです。

でも、この結果に満足することなく、更に上を目指すためにはどうしたらよいのか。

もっと自分自身に対して厳しくしていかなければならないと思っています。

また来年頑張りましょう。
2016.08.08 (Mon) [ aquarium ] TOP▲