庭にあるレイアウト用の石が入っているカゴの縁に前足を掛けるカナヘビ

2615

この仕種は何気にカワイイ。
2010.04.30 (Fri) [ aquarium ] TOP▲
先日行った『ぐんま昆虫の森』には室内でカブトムシなどの虫の他にカエルの展示もちょっとありました。

カエル好きの私としては思わず写真に撮ってしまいました。

まずはこのカエル

2772

どこにいるか分かりますでしょうか?

2010.03.26 (Fri) [ frog+ ] TOP▲
うちのブログはカテゴリーがとてもシンプルです。
これには理由がありまして、以前のブログをやっていた時に事あるごとにカテゴリーを増やしていたら、カテゴリーが増えすぎてゴチャゴチャしてしまい、何が何だかわからない感じになってしまったからです。
なので、このブログではカテゴリーを極力増やさないようにシンプルにしました。

1737

ただ、記事数が増えてきて過去に書いた記事を探したり、見るのも大変になってきました。
ブログ内検索をつけたりしましたが、漠然としすぎていて中々利用しづらい。
見に来てくださる方にも、もう少し優しいブログにならないかなと思いました。

そこで私が考えたのは、タグです。

1736

タグというのは記事に対し、特定のキーワードを付けることで記事同士に関連性を持たせる物です。
一つの記事に複数のタグを付けることも出来ます。
分かりやすく言うと、カテゴリーをさらに細かく分ける形になります。

30cm水槽で水草の記事を書いた場合、今までは『aquarium』のカテゴリーだけでした。
これに”30cm水槽”と”水草”というタグを付けることで、”30cm水槽””水草”という詳細な記事分類が出来る事になります。
60cmスリム水槽の記事で”60cmスリム水槽”と”水草”というタグを付けた場合、共通の”水草”というタグ同士で繋がる事になります。
”水草”のタグをクリックした時に、30cm水槽と60cmスリム水槽の”水草”のタグが付いた記事が出てきます。

これが、タグです。

1738

私自身、タグの存在は知っていましたが、ブログを始めた当初はタグ自体がなく、途中から現れた物なので今までは使っていませんでした。

FC2ブログの場合、親カテゴリの下に子カテゴリは作れないので、タグを使うのが一番良いと思い実装する事にしました。

1739

今回はタグをつけるにあたり、全ての記事を読み返してタグを付けました。
物によってはちょっと?なタグもあるかもしれませんが、あぁ、こんな記事もあったよねって思い出して楽しんでもらえれば幸いです。

タグはプラグインメニューのカテゴリーの下にありますので、何か気になるタグがありましたらクリックしてみてください。
2009.10.09 (Fri) [ etc ] TOP▲