生垣の枝の先端に付いていた抜け殻。

ファインダーを覗きながら思う。

3159

この抜け殻は、枝が伸びていた所に登ったのか?

それとも、付いていた枝がここまで伸びたのか?

もしくは、ここで脱皮をしていたから整備の人がこの枝だけを残していったのか?







そんなどうでも良い事を真剣に考えてたりする。

2011.08.28 (Sun) [ etc ] TOP▲
暑い夏の日、一生懸命セミを追いかけて網を振り回していたあの頃。


セミを見ると自然と思い出す。


3135


思い出は、色あせない。


目をつぶれば、今でも沢山の思い出が浮かぶ。


あの時に戻れたら・・・って思う。


3136


でも、時は確実に、止まることなく進んでいく。


何があっても戻る事はできない。


3137


どんなに辛くても、下を向かずに上を向いていかなければならない。


それが生きるという事なのか。


そんな事を考える、ある夏の日。

2011.08.16 (Tue) [ etc ] TOP▲