年も明け、お正月のお休みに水槽をいじろう。

と思っていましたが、三連休なんてあっという間に終了。



お正月は出掛ける事が多いので、お休みって感じはしませんね。

普段の休みの方が良いです。

ただ、普段会えない人と会える機会が大事ですね。


で、本題に。

今年の水槽始めはフィルターのお掃除です。

まずは40cm水槽から。

水中モーターは内部が汚れると上から出る水量が減るので直ぐに分かります。

分解して綺麗にしましょう。



急に水流が復活してエンゼルもビックリ。

でもまぁ、直ぐになれるでしょう。


続いては30cm水槽の小型外部フィルターを。

開けて掃除するのは面倒ですが、全部出して綺麗にゆすぎました。



これでしばらく大丈夫。

ついでに流木もちょっと動かして気分転換。


最後にランチュウのいる60cmスリム水槽の外部フィルターを。

この水槽は金魚メインなので、汚れるのが速いです。

一度全部出して綺麗にすすいで入れ直し。

蓋をする時には水漏れ予防でパッキンの当たる部分にワセリンを塗っておきました。



水漏れでお困りの方、是非お試し下さい。

給水のスポンジも限界まで詰まっていたので、よーく洗浄をして、表面に活着している黒ひげ藻を枯らすために酢を塗りました。



なお、酢を使う時は水槽の中に入り過ぎないようによくゆすぎましょう。

入り過ぎるとphがヤバイ事になり、生体に影響が出ます。

久々にフィルターを掃除したので水の出も良くなり、気分も良くなりました。



金魚たちも綺麗になったから喜んでいるはず。

水換えは同時にするとバクテリアの環境的に良くないと思ったので次回に。

フィルターって頻繁に掃除をする必要は無いと思いますが、詰まり過ぎるとモーターに負荷が掛かり過ぎて良くないので気を付けましょう。

以上、今年の水槽始めでした。

皆さん、今年も楽しいアクアライフを。

では。
2015.01.06 (Tue) [ aquarium ] TOP▲
毎年のことですが、今時期はモチベーションがめっちゃ下がります。

掃除なんてことはせずに、エサやりと足し水で頑張っております。

でも、そんなことをしていると水槽はこんなことになってしまいます。

5381

皆さんも経験があるのではないでしょうか。

水が蒸発して出来るカルシウムの白い筋を。

これは頑固な汚れでして、ちょっとこすったぐらいでは落ちないのですよね。

折角水槽の中を綺麗にしてもこういうものを見るとガッカリしてしまいます。

そんな私のガッカリを吹き飛ばしてくれるアイテムを見つけました。

それはこれです。

5382

コトブキ工芸から出ているセリウムスポンジです。

これはガラス水槽を磨ける研磨剤が入っていて、ガラス水槽の頑固な汚れを落としてくれるアイテムです。

分かりやすく言うと、メラミンスポンジの強力な物です。

これに水を少しつけて、ゴシゴシするとこうなります。

5383

あ~ら不思議、こんな風に綺麗になってしまいます。

あの頑固なカルシウムの汚れが落ちて、ガラス本来の美しさが見て取れます。

使用前と使用後を比べるとこんな感じ。

5384

百聞は一見に如かずという事で見てもらえれば分かりやすいと思います。

右側は擦って綺麗になった部分。

落とし始めると綺麗になるのが面白くてわりとやりこんでしまいます。

汚れ具合によって落ちる時間は違うと思いますが、結構落ちます。

もし、白い汚れで困っている方がいらしたら是非試してみてください。

私は280円で買ったのでそれほど高くもなくてよいです。

アクリル水槽みたいに柔らかい物は傷になるので、使わないで下さいね。



おまけ写真

その後やる気が出てメンテをして、その時に増えすぎたモスを取り出して丸めておいた物。

丸めたまま固まりました。

5385

これが本当のコケ玉って感じでどうでしょうか。
2014.07.27 (Sun) [ aquarium ] TOP▲
写真はエサに群がる我が家のビーシュリンプたち。

5361

元気にエサを食べております。

で、上の写真だけで気付いた方がいるかどうか分かりませんが、水槽が変わっております。

今までは60cmスリム水槽で飼育していましたが、これから来る夏に備えて新たに60cm規格水槽を夏越え用に用意しました。

夏用水槽はこんな感じです。

5362

あまりレイアウトはせず、アクアソイル・アマゾニアを敷いた上に水草を巻いた流木を置いただけの簡単仕様です。

フィルターは以前から使用しているEXパワー60、照明はテクニカの60cm用を水温上昇対策でリフトアップして使用しています。

前面にある侘び草ニューラージパールグラス×2は私の未熟さを後悔します。(I regret the inexperience.)の遊@危さんがプレゼントしてくれました。

5363

いつもありがとうございます。

この草はCO2が少なくても育ちやすくていいですね。

順調に這い出しております。

それと、先日片づけをしていたら昔買った竹炭が出てきたのでエビハウスを作ってみました。

5364

竹炭を園芸ネットで包んでモスを巻き巻きして石をオモリ代わりに底に固定。

たまに入って顔を出してくれるので嬉しいです。

稚エビが生まれていい隠れ場所になってくれそうな予感。

それと、今回の夏対策の一番の目玉がコチラ。

5365

テトラのペルチェ式水槽冷却装置のCX-60です。

ペルチェ式は、二つあるペルチェ素子に電気を流し、片方を熱くすることで片方が冷たくなり、その冷たい方で水を冷やす方式です。

随分前に頂いた物なのですが、使うタイミングが無かったのでずっと物置で寝ておりました。

ペルチェ式はコンプレッサー式と比べて安価なのが魅力なのですが、残念な所は水温の調整が出来ないところです。

冷えすぎないようにヒーターを入れて下さいとか書いてあります。

まぁ今のところ下がり過ぎないし、うちの場合は冷えすぎない場所なので問題なさそうです。

ファンの音がちょっと気になりますが、慣れてしまえば問題は無いかなと。

5367

あと、冷却ファンも動かせるようになっていて、準備は万端です。

これでこれから暑くなるであろう夏を快適に乗り越えられそうです。

快適だね、エビちゃん。
2014.06.25 (Wed) [ aquarium ] TOP▲