前回の最後の記事でお見せしたADAの紙袋。

この中にNAギャラリーで買ってきたお土産が入っています。

20170416184341276.jpg

中に入っているのは・・・

20170416184325789.jpg

白い箱。

箱だけじゃ中身は分かりませんね。

この状態で分かる人はきっと同じ物を持っている人に違いありません。

で、中身はと言うと…

ジャーン!!

20170416184311931.jpg

ADAのロゴ入りマグカップでした。

これとキーホルダーのどちらを買おうかすごく迷ったのですが、毎日3杯は珈琲を飲む私的にはこちらの方が良いかなと思い、マグカップにしました。

外側はロゴですが、内側には『LEARN FROM NATURE, CREATE NATURE』と書かれています。

自然から学び、自然を創る。

ADAの最も基本的な教えですね。

これで珈琲を飲みながら作業すると色々と捗りそうです。

17042001

根拠はありませんけど。

自分的にはとても良いお土産でした。

NAギャラリーには他にもand adaのグッズは置いてありますので、興味がある方はご覧になってみると良いかもしれませんね。


これで終わりだと見に来てくれた方に申し訳ない気がするので、私が撮影したギャラリーの過去写真からですが、私的レイアウトナンバー5を発表します。

まずは第5位。

R005

青龍石と前景草の組み合わせです。

水槽のサイズは、幅180cm、奥行き60cm、高さ60cmと超巨大水槽ですが、ほぼ単植の石組水槽なのでスケール感が凄いです。

石のバランスも良く安定感が抜群です。

テトラが群れて泳ぐ姿は爽快です。


第4位。

R004

ミニサイズの石組み水槽です。

詳しいサイズはちょっと忘れてしまいましたが、ミニMだったような気がします。

白層石を一つ置いただけですが、バランスがとてもよく、綺麗に収まっていますね。

小さくてとても簡単そうですが、汚れるのが早いので、実はとても手間の掛かるサイズだったりします。


第3位。

R003

巨大な万天石を堂々と置いた石組み水槽です。

サイズは幅90cm高さ60cm奥行き45cmだったと思います。

石好きな私としましては、石が主役でかっこよくレイアウトされている水槽は大好きです。

写真はありませんが、ちょっと前までギャラリーに設置されていた180cm水槽の巨大万天石を使った石組み水槽もかっこよくて好きでした。


第2位。

002

この水槽はギャラリーに入って最初に目に入ってくる水槽でした。

幅が180cmで奥行きが120cm、高さが60cm。

明るい化粧砂の上に巨大な流木が大胆に組まれていて、水上では巨大になって水上葉を展開しているボルビディス。

中では沢山の魚が泳ぎ回っていて、その姿はずっと見ていても飽きません。

今は石組み水槽にレイアウトが変わってしまっているので見ることはできませんが、機会があったらまた似たような物を見てみたいですね。


そして、第1位。

R001

入口にある八海石の横長水槽です。

この水槽の凄い所は石は変わらずにずっと創造配植で水草を入れ替えて形を作っているということです。

いつ行っても堂々と来客を見守る様はさすがの一言です。

この八海石という石はレイアウトにするのにはとても難しいタイプの石でして、天野前社長のセンスの良さが際立っている作品だと思います。


以上私的なランキングでした。

昔の写真を引っ張り出して見てきましたが、常に新しい創造を繰り返しているNAギャラリーは本当にすごいと思います。

ここに載せようかどうしようか迷ったレイアウトも沢山ありました。

石好きなので石が多いのはご理解下さい。

NAギャラリーにはこれからも進化・発展を繰り返して、常に見に来た人を唸らせる場所であってほしいと思います。

もうすぐゴールデンウィークですが、時間があったら是非行ってみて実物のネイチャーアクアリウムを楽しんで欲しいと思います。

今後の開館予定日をホームページから頂いてきました。

■次回開館予定日
2017年4月23日(日)
2017年4月29日(土・祝)
2017年4月30日(日)
2017年5月3日(水・祝)
2017年5月4日(木・祝)
2017年5月5日(金・祝)
2017年5月6日(土)
2017年5月7日(日)
2017年5月14日(日)
2017年5月21日(日)
2017年5月28日(日)

開 館 日:
日曜日・祝日
開館時間:
AM10:00~PM5:00
入 場 料:
無料

その他詳しくはADAのホームページからご覧になって下さい。

20170416202659141.jpg


※もし水槽のサイズ間違いなどございましたらすぐに修正しますので、メールで指摘してください。

※写真のレイアウトは過去のもので、現在はありません。


2017.04.20 (Thu) [ aquarium ] TOP▲
先日の記事の最後で書きましたが、新潟県にあるADAの本社屋にあるネイチャーアクアリウムギャラリー(以下NAギャラリー)に行ってきました。



沢山の木々の中にあるコンクリートのモダンな建物がADAの本社です。

時期が初春で新芽の出始めなので寒樹の姿が多く建物がよく見えますが、夏に来ると緑一色の森になります。

建物はコンクリートの打ちっぱなしとガラスの組み合わせが美しいですね。

この周りの木々ですが、全て先代の故天野尚氏がこだわりを持って植えたもので、30種類近くの木々が植えられています。
その中では四季折々色々な顔を見せ、動物や昆虫など多くの生き物を育む場となっています。



敷地内にはビオトープもあり、水性植物だけではなくトンボやカエルなど水辺の生物も沢山います。

うちの子が小さいとき、この社屋の周りにある堀で一緒にザリガニを捕ったのは今でも忘れません。

この環境を見ると、先代の社長の自然との向き合い方や考え方が良くわかりますね。



入り口にある松も雰囲気が良いですね。

吹き流しという樹形だったりします。


さて、肝心の中なのですが、現在は写真撮影が禁止されているので、申し訳ないのですが写真はありません。

全く写真がないのも寂しいので、以前禁止される前に私が撮影した写真を見て雰囲気を感じて下さい。

入り口には長い水槽があり、中には巨大な八海石が配石されています。現在のレイアウトでは八海石の雰囲気は変わらずに沢山の水草が綺麗に繁茂して魚たちが悠々と泳いでいました。



写真の右にあるステンレスのプレートには前社長の残した言葉が書かれていて、『小さな生命を愛さずして、大自然を語ることは出来ない』と書いてあります。

私がネイチャーアクアリウムに出会った頃、当時はNAギャラリーの情報はとても少なく、行ってきた人の写真付きのレポートはとても貴重なものでした。

インターネットで綺麗な水槽を見ながら、どうしたらこうに出来るのかとよく考えたものです。



写真の良いところは沢山の人に情報を伝えることが出来るということです。

でも、写真だけでは本当に伝えたいことを伝えたり、知りたいことを知るのはとても難しいです。

私は初めてここに来たとき、そのことに気が付き、とても驚きました。



実際、水槽の維持管理をしていると、良いところだけではなく、悪いところやうまくいかない事が沢山あります。

ここに来るまで私の中でADAの水槽は特別な水槽で、一般人には真似できない凄いものなのではないかと思っていたのですが、ここにきて実物のネイチャーアクアリウムを見たとき、その凄さに驚きながらも、決してADAの水槽は特別な水槽ではなく、誰にでも出来るものなのだと分かりました。



NAギャラリーの水槽も自分のうちの水槽も同じ水槽なんだということです。

気になることはスタッフの方に聞けば教えてもらえます。

水槽一つにしても、側面から見たり、裏側を見たり、上からみることで色々なことに気が付きます。



魚も色々な種類がいるので見ていて楽しいです。

NAギャラリーは、ネイチャーアクアリウムを見て、感じて、勉強できる場所なのです。



ハイタイプの水槽が多いのですが、これは前社長の考えでレイアウトが見やすいようにという理由だったと記憶しています。

百聞は一見にしかず。

水槽のサイズはもちろんのこと、レイアウトの構図や仕組みを知ることができますし、器具なども実物を見ることが出来ると写真では伝わらないことが分かるものです。



場所が場所なので人によっては来るのはとても大変だと思いますが、機会がありましたら一度は生で見て、私が感じたように感動して欲しいです。

最近はスタッフの方たちが新しいレイアウトを作成して新しいネイチャーアクアリウムギャラリーをスタートさせています。

以前の流れを受け継ぎながらも、新しい事にチャレンジしているのがよく伝わってきました。

道は険しく大変だと思いますが、これからも頑張っていってほしいと思います。


で、ここには水槽だけではなく、前社長が外国から持ってきた珍しいお土産物たちが飾られていたり、ADAのグッズを販売していたりします。



亀石もきちんとありましたよ。

前社長の写真集やコンテストの作品集とかand adaなどが置いてあり、どんな物か見て確認できます。

それを見て、自分用におみやげを買ってきました。



中身は・・・、長くなってしまったのでまた次回。
2017.04.17 (Mon) [ aquarium ] TOP▲